[令和2年4月1日現在法令等]

1 相続や遺贈によって取得した財産(本来の相続財産)

 相続税は原則として、死亡した人の財産を相続や遺贈(死因贈与を含みます。)によって取得した場合に、その取得した財産にかかります。この場合の財産とは、現金、預貯金、有価証券、宝石、土地、家屋などのほか貸付金、特許権、著作権など金銭に見積もることができる経済的価値のある全てのものをいいます。

2 そのほか相続税がかかる財産(みなし相続財産ほか)

 次に掲げる財産も相続税法の規定などにより相続税の対象となります。

  1. (1) 死亡退職金、被相続人が保険料を負担していた生命保険契約の死亡保険金など
  2. (2) 被相続人から生前に贈与を受けて、贈与税の納税猶予の特例を受けていた農地、非上場会社の株式や事業用資産など
  3. (3) 教育資金の一括贈与に係る贈与税の非課税又は結婚・子育て資金の一括贈与に係る贈与税の非課税の適用を受けた場合の管理残額
  4. (4) 相続や遺贈で財産を取得した人が、被相続人の死亡前3年以内に被相続人から財産の贈与を受けている場合(一定の特例を受けた場合を除きます。)
  5. (5) 被相続人から、生前、相続時精算課税の適用を受け取得した贈与財産
  6. (6) 相続人がいなかった場合に、民法の定めによって相続財産法人から与えられた財産
  7. (7) 特別寄与者が支払を受けるべき特別寄与料の額で確定したもの

(相法2、3、4、19、21の9、21の14〜21の16、措法70の2の2、70の2の3、70の5、70の6の9、70の7の3、70の7の7)

 参考: 関連コード

  •  国税に関するご相談は、国税局電話相談センター等で行っていますので、税についての相談窓口をご覧になって、電話相談をご利用ください。