自動音声案内による国税に関するご質問やご相談のご案内

「税についての相談窓口」にて所轄の税務署(注)の電話番号をご確認になり、電話をおかけください。
 所轄の税務署におかけいただいた電話は、自動音声によりご案内しておりますので、ご用件に応じて「1」、「2」、「3」の番号を選択してください。
 国税に関する一般的なご質問やご相談につきましては、各国税局の電話相談センターにてお受けしております(自動音声に沿って「1」を選択していただきますと、各国税局の電話相談センターにおつなぎします。)。

※ 「番号が確認できません。」という自動音声案内があった場合は、電話機の「トーン切り替えボタン」(「*」・「♯」など)を押してから番号を選択してください。

(注) 東日本大震災により納税地を所轄する税務署管轄外に避難されている方からの国税に関するご相談等については、最寄りの税務署においてもお受けしております。
※ 最寄りの税務署については、「税についての相談窓口」でご確認ください。

【消費税の軽減税率制度に関するお問合せ先】

 消費税の軽減税率制度(軽減対象品目の内容、帳簿・請求書の書き方など)に関する一般的なご質問やご相談につきましては、消費税軽減税率電話相談センター(軽減コールセンター)(フリーダイヤル「0120-205-553」又は ナビダイヤル「0570-030-456」)でお受けしております。
 また、所轄の税務署にお電話いただき、自動音声に沿って、「3」を選択していただくと消費税軽減税率電話相談センター又は各国税局の電話相談センターにおいて、消費税の軽減税率制度に関する一般的なご質問やご相談をお受けしております。

【自動音声によるご案内の流れ】

所轄の税務署にお電話ください。

音声案内に従って、ご用件の番号をお選びください。

1を選択

税金に関する一般的なご質問やご相談は1を選択してください。

1を選択後、ご相談される内容の番号を選択してください。

  • 所得税は1を選択してください。
  • 源泉徴収、支払調書は2を選択してください。
  • 譲渡所得、相続税、贈与税、財産評価は3を選択してください。
  • 法人税は4を選択してください。
  • 消費税、印紙税は5を選択してください。
  • その他は6を選択してください。

電話相談センターの職員がお受けします。

2を選択

税務署からのお尋ねや納付に関するご相談など税務署にご用の方、面接での相談の事前予約などは2を選択してください。

2を選択後、税務署の受付担当につながります。

その後、税務署の職員がお受けします。

3を選択

3を選択後、ご相談される内容の番号を選択してください。

  • 軽減税率が適用される品名は1を選択してください。
  • 帳簿・請求書などの書き方は2を選択してください。
  • その他の軽減税率制度についての質問は3を選択してください。

消費税軽減税率電話相談センターのオペレーターがお受けします。

消費税の軽減税率制度に関するご質問やご相談は、午前8時30分から午前9時の時間帯及び消費税軽減税率電話相談センターの回線が満線の場合は、各国税局の電話相談センターの職員がお受けします。

税務署でのご相談は、事前予約をお願いします

具体的に書類や事実関係を確認する必要がある場合 など、 電話での回答が困難な相談内容ついて は、所轄の税務署(注1)において面接にて 相談をお受けしております。
 面接相談は、納税者の皆様に分かりやすく説明するため、電話等で事前に相談日時等を予約いただき、十分な面接時間を設けていますので、「税についての相談窓口」で所轄の税務署をご確認いただき、相談日時等の予約をお願いします(注2)。

  1. (注1)東日本大震災により納税地を所轄する税務署管轄外に避難されている方からの国税に関するご相談等については、最寄りの税務署においてもお受けしております。
    ※ 最寄りの税務署については、「税についての相談窓口」でご確認ください。
  2. (注2)予約の際には、お名前・ご住所・ご相談内容等をお伺いいたします。

タックスアンサー(よくある税の質問)

国税庁ホームページのタックスアンサーでは、医療費控除や年末調整等のよくある税の質問に対する一般的な回答を税金の種類ごとに調べられるほか、キーワードによる検索もできます。

タックスアンサー(よくある税の質問)はこちら