インボイス制度導入に伴い、事業者の方が適格請求書(インボイス)を交付するためには、納税地を所轄する税務署長に対して登録申請書を提出し、適格請求書発行事業者になる必要があります。
 税務署における審査を経て、適格請求書発行事業者として登録された場合、「登録通知書」を送付します。
 登録申請書は、令和3年10月1日から受付を開始します。

【申請等様式】

e-Taxによる登録申請手続

 登録申請手続等は、「e-Taxソフト」のほか、e-Taxソフトのダウンロードが不要な「e-Taxソフト(WEB版)」及びスマートフォンから申請できる「e-Taxソフト(SP版)」による対応も行う予定です。
 「e-Taxソフト(WEB版)」及び「e-Taxソフト(SP版)」による申請については、画面に表示された質問に回答していくことで、入力漏れ等がなく、スムーズに申請データを作成することができる「問答形式」を採用していますので、ぜひ、e-Taxをご利用ください!
 なお、「e-Taxソフト」等は令和3年10月1日から利用可能となります。
 詳細は、「登録申請手続におけるe-Tax対応の概要」でご確認ください。

電子データによる登録通知

 e-Taxで登録申請された方は、「登録通知書」を電子データで受領することができます。電子データで登録通知を希望される方は、「e-Taxソフト(WEB版)」又は「e-Taxソフト(SP版)」での登録申請時に「電子データで受け取りを希望するか」の質問が表示されますので、「希望する」を選択してください(「e-Taxソフト」の場合、申請様式上の希望欄で「希望する」を選択してください。)。
 「登録通知書」には、令和5年10月以降、インボイスに記載が必要な「登録番号」を記載しており、紛失防止等の観点から電子データで受け取ることをお勧めしております。
 電子データで登録通知書を受け取るメリットの詳細については以下のリーフレットをご参照ください。

【リーフレット】