国税庁では、海外における日本産酒類の販路拡大を支援するため、海外主要国において、酒類輸出コーディネーターを設置し、日本産酒類の新規取扱事業者の発掘、日本産酒類プロモーションや現地市場レポートの作成などを行っています。