1 概要

 令和4年1月から従来の提出方法(e-Tax、光ディスク等、書面)に加え、クラウドサービス等を利用して法定調書を提出できるようになります。

 具体的には、法定調書の提出者が、1認定クラウド等(注)の提出領域に法定調書データを記録し、2税務署長に対して当該データを閲覧し及びe-Taxに記録する権限(以下「アクセス権」といいます。)を付与することにより、法定調書の提出を行うものです。

(注)認定クラウド等とは、国税庁告示で定める要件に適合することにつき、クラウドサービス事業者等が国税庁長官の認定を受けているクラウドサービス等で、法定調書の提出に利用されているものをいいます。

 クラウドサービス等を利用して法定調書を提出するためには、法定調書の提出者が「認定特定電子計算機による申請等の開始(変更)届出書」(令和3年10月以降e-Taxにて受付開始)を所轄の税務署長に提出する必要があります。

<イメージ図>

2 クラウドサービス等を利用した提出ができる調書

 国外財産調書及び財産債務調書を除くすべての法定調書が対象となります。

3 クラウドサービス事業者等の方へ

 クラウドサービス等を法定調書の提出に利用するためには、事前に国税庁長官に「電子計算機の認定申請書 兼 申請事項変更届出書(PDF/134KB)」を必要な添付書類と併せて提出し、国税庁長官の認定を受ける必要があります。認定基準については、こちらに掲載しておりますので、ご確認ください。
 なお、認定基準に係る国税庁が公表する仕様書が必要な方については、こちらからダウンロードいただきますようお願いいたします。
 また、「クラウドサービス等を利用した法定調書の提出について(クラウドサービス事業者向け)」を、併せてご確認ください。

4 認定クラウドサービスの公表について

 国税庁長官の認定を受けた認定クラウドサービスについては、クラウドサービス提供事業者の希望により、認定事業者名や認定クラウドサービスの名称等を当ホームページにて公表する予定です。

Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobeのダウンロードサイト(別ウィンドウ)からダウンロードしてください。