博覧会場等で臨時に販売場を設けて酒類の小売を行う場合には、期限を付した酒類小売業免許を申請し、取得していただく必要がありますが、このような期限付酒類小売業免許のうち、下記の要件を満たすものについては、所轄税務署長への届出をもって免許を受けたものとして取り扱うこととしています。

【要件】

  • 1. 原則として販売場を開設する日の10日前までに届出をするものであること
  • 2. 届出をする者が、酒類製造者又は酒類販売業者であること
  • 3. 博覧会場等(届出者又は届出者と密接な関係にある者が催物等の主催者として管理、運営していない場所(施設、建物等を含む)に限る)で臨時に販売場を設け酒類の小売を行う場合であること
  • 4. 同一者による同一場所での届出は月1回であること(催物等の入場者の全部又は大多数が有料入場者である場合を除く)
  • 5. 催物等の入場者の全部若しくは大多数が有料入場者である又は開催期間が7日以内であること
  • 6. 催物等の内容が、酒類の小売を主目的とするものでないこと
  • 7. 催物等の開催期間又は開催期日があらかじめ定められており、かつ、それが客観的に明瞭であること
  • 8. 酒類の小売目的が、特売又は在庫処分等でないこと
  • 9. 博覧会場等の管理者との間の契約等により、販売場の設置場所が特定されていること
  • 10. 販売する酒類の範囲が、免許を受けている酒類の品目と同一であること
  • 11. 催物等の開催場所以外の場所へ酒類を配達しないこと

なお、この届出については、期限付酒類小売業免許届出書に下記添付書類を添付し、販売場を開設しようとする所在地の所轄税務署へ提出してください。

期限付酒類小売業免許届出書(PDF/208KB)(WORD/51KB)記載例(PDF/226KB)

【添付書類】

 なお、届出の要件に該当せず、申請に該当する場合は、原則として2週間前までに申請を行ってください。
酒類販売業免許申請書(PDF/153KB) (WORD/54KB)記載例(PDF/174KB)
 詳しくは、酒類販売業免許申請書(e-1)チェック表(PDF/198KB)をご覧ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobeのダウンロードサイトからダウンロードしてください。