[平成31年4月1日現在法令等]

(1) 特に環境性能に優れた、環境負荷の小さい検査自動車について、令和元年5月1日から令和3年4月30日までの間に、新規検査(予備検査を含みます。以下同じ。)により自動車検査証の交付を受ける場合には、納付すべき自動車重量税が減免(100%・75%・50%・25%)されます。

1 自動車重量税が全額免除されるもの
車種等 要件等(概要)
電気自動車(燃料電池車を含む) 電気を動力源とするもので、内燃機関を有しないもの
天然ガス自動車 次のいずれかに該当するもの
  • 車両総重量3.5トン以下の自動車のうち平成30年排出ガス保安基準に適合するもの
  • 車両総重量3.5トン以下の自動車のうち窒素酸化物の排出量が平成21年天然ガス車基準に定める値より10%以上少ないもの
  • 平成21年天然ガス車基準に適合し、かつ、窒素酸化物の排出量が平成21年天然ガス車基準に定める値より10%以上少ないもの
プラグインハイブリッド自動車 ハイブリッド自動車のうち、動力源として用いる電気を外部から充電する機能を備えているもの
ガソリン車(ハイブリッド自動車を含む) 乗用自動車 次のいずれにも該当するもの
  • 平成30年揮発油軽中量車基準に適合し、かつ、窒素酸化物の排出量が平成30年揮発油軽中量車基準に定める値より50%以上少ないもの
    又は
    平成17年揮発油軽中量車基準に適合し、かつ、窒素酸化物の排出量が平成17年揮発油軽中量車基準に定める値より75%以上少ないもの
  • 令和2年度燃費基準より40%以上燃費性能の良いもの
車両総重量2.5トン以下の乗合自動車・貨物自動車 次のいずれにも該当するもの
  • 平成30年揮発油軽中量車基準に適合し、かつ、窒素酸化物の排出量が平成30年揮発油軽中量車基準に定める値より50%以上少ないもの
    又は
    平成17年揮発油軽中量車基準に適合し、かつ、窒素酸化物の排出量が平成17年揮発油軽中量車基準に定める値より75%以上少ないもの
  • 平成27年度燃費基準より25%以上燃費性能の良いもの
車両総重量2.5トン超3.5トン以下の乗合自動車・貨物自動車 次のいずれにも該当するもの
  • 平成30年揮発油軽中量車基準に適合し、かつ、窒素酸化物の排出量が平成30年揮発油軽中量車基準に定める値より50%以上少ないもの
    又は
    平成17年揮発油軽中量車基準に適合し、かつ、窒素酸化物の排出量が平成17年揮発油軽中量車基準に定める値より75%以上少ないもの
  • 平成27年度燃費基準より15%以上燃費性能の良いもの
石油ガス自動車(ハイブリッド自動車を含む) 次のいずれにも該当するもの
  • 平成30年石油ガス軽中量車基準に適合し、かつ、窒素酸化物の排出量が平成30年石油ガス軽中量車基準に定める値より50%以上少ないもの
    又は
    平成17年石油ガス軽中量車基準に適合し、かつ、窒素酸化物の排出量が平成17年石油ガス軽中量車基準に定める値より75%以上少ないもの
  • 令和2年度燃費基準より40%以上燃費性能の良いもの
クリーンディーゼル乗用車 平成30年軽油軽中量車基準
又は
平成21年軽油軽中量車基準に適合するもの
ディーゼル車(ハイブリッド自動車を含む) 車両総重量2.5トン超3.5トン以下の乗合自動車・貨物自動車 次のいずれにも該当するもの
  • 平成30年軽油軽中量車基準に適合するもの
    又は
    平成21年軽油軽中量車基準に適合し、かつ、窒素酸化物及び粒子状物質の排出量が平成21年軽油軽中量車基準に定める値より10%以上少ないもの
  • 平成27年度燃費基準より15%以上燃費性能の良いもの
車両総重量3.5トン超の乗合自動車・貨物自動車 次のいずれにも該当するもの
  • 平成28年軽油重量車基準に適合するもの
    又は
    平成21年軽油重量車基準に適合し、かつ、窒素酸化物及び粒子状物質の排出量が平成21年軽油重量車基準に定める値より10%以上少ないもの
  • 平成27年度燃費基準より15%以上燃費性能の良いもの
2 自動車重量税が75%軽減されるもの
車種等 要件等(概要)
ガソリン車(ハイブリッド自動車を含む) 車両総重量2.5トン以下の乗合自動車・貨物自動車 次のいずれにも該当するもの
  • 平成30年揮発油軽中量車基準に適合し、かつ、窒素酸化物の排出量が平成30年揮発油軽中量車基準に定める値より50%以上少ないもの
    又は
    平成17年揮発油軽中量車基準に適合し、かつ、窒素酸化物の排出量が平成17年揮発油軽中量車基準に定める値より75%以上少ないもの
  • 平成27年度燃費基準より20%以上燃費性能の良いもの
車両総重量2.5トン超3.5トン以下の乗合自動車・貨物自動車 次のいずれにも該当するもの
  • 平成30年揮発油軽中量車基準に適合し、かつ、窒素酸化物の排出量が平成30年揮発油軽中量車基準に定める値より50%以上少ないもの
    又は
    平成17年揮発油軽中量車基準に適合し、かつ、窒素酸化物の排出量が平成17年揮発油軽中量車基準に定める値より75%以上少ないもの
  • 平成27年度燃費基準より10%以上燃費性能の良いもの
次のいずれにも該当するもの
  • 平成30年揮発油軽中量車基準に適合し、かつ、窒素酸化物の排出量が平成30年揮発油軽中量車基準に定める値より25%以上少ないもの
    又は
    平成17年揮発油軽中量車基準に適合し、かつ、窒素酸化物の排出量が平成17年揮発油軽中量車基準に定める値より50%以上少ないもの
  • 平成27年度燃費基準より15%以上燃費性能の良いもの
ディーゼル車(ハイブリッド自動車を含む) 車両総重量2.5トン超3.5トン以下の乗合自動車・貨物自動車 次のいずれにも該当するもの
  • 平成30年軽油軽中量車基準に適合するもの
    又は
    平成21年軽油軽中量車基準に適合し、かつ、窒素酸化物及び粒子状物質の排出量が平成21年軽油軽中量車基準に定める値より10%以上少ないもの
  • 平成27年度燃費基準より10%以上燃費性能の良いもの
次のいずれにも該当するもの
  • 平成21年軽油軽中量車基準に適合するもの
  • 平成27年度燃費基準より15%以上燃費性能の良いもの
車両総重量3.5トン超の乗合自動車・貨物自動車 次のいずれにも該当するもの
  • 平成28年軽油重量車基準に適合するもの
    又は
    平成21年軽油重量車基準に適合し、かつ、窒素酸化物及び粒子状物質の排出量が平成21年軽油重量車基準に定める値より10%以上少ないもの
  • 平成27年度燃費基準より10%以上燃費性能の良いもの
3 自動車重量税が50%軽減されるもの
車種等 要件等(概要)
ガソリン車(ハイブリッド自動車を含む) 乗用自動車 次のいずれにも該当するもの
  • 平成30年揮発油軽中量車基準に適合し、かつ、窒素酸化物の排出量が平成30年揮発油軽中量車基準に定める値より50%以上少ないもの
    又は
    平成17年揮発油軽中量車基準に適合し、かつ、窒素酸化物の排出量が平成17年揮発油軽中量車基準に定める値より75%以上少ないもの
  • 令和2年度燃費基準より20%以上燃費性能の良いもの
車両総重量2.5トン以下の乗合自動車・貨物自動車 次のいずれにも該当するもの
  • 平成30年揮発油軽中量車基準に適合し、かつ、窒素酸化物の排出量が平成30年揮発油軽中量車基準に定める値より50%以上少ないもの
    又は
    平成17年揮発油軽中量車基準に適合し、かつ、窒素酸化物の排出量が平成17年揮発油軽中量車基準に定める値より75%以上少ないもの
  • 平成27年度燃費基準より15%以上燃焼性能の良いもの
車両総重量2.5トン超3.5トン以下の乗合自動車・貨物自動車 次のいずれにも該当するもの
  • 平成30年揮発油軽中量車基準に適合し、かつ、窒素酸化物の排出量が平成30年揮発油軽中量車基準に定める値より50%以上少ないもの
    又は
    平成17年揮発油軽中量車基準に適合し、かつ、窒素酸化物の排出量が平成17年揮発油軽中量車基準に定める値より75%以上少ないもの
  • 平成27年度燃費基準より5%以上燃焼性能の良いもの
次のいずれにも該当するもの
  • 平成30年揮発油軽中量車基準に適合し、かつ、窒素酸化物の排出量が平成30年揮発油軽中量車基準に定める値より25%以上少ないもの
    又は
    平成17年揮発油軽中量車基準に適合し、かつ、窒素酸化物の排出量が平成17年揮発油軽中量車基準に定める値より50%以上少ないもの
  • 平成27年度燃費基準より10%以上燃費性能の良いもの
石油ガス自動車(ハイブリッド自動車を含む) 次のいずれにも該当するもの
  • 平成30年石油ガス軽中量車基準に適合し、かつ、窒素酸化物の排出量が平成30年石油ガス軽中量車基準に定める値より50%以上少ないもの
    又は
    平成17年石油ガス軽中量車基準に適合し、かつ、窒素酸化物の排出量が平成17年石油ガス軽中量車基準に定める値より75%以上少ないもの
  • 令和2年度燃費基準より20%以上燃費性能の良いもの
ディーゼル車(ハイブリッド自動車を含む) 車両総重量2.5トン超3.5トン以下の乗合自動車・貨物自動車 次のいずれにも該当するもの
  • 平成30年軽油軽中量車基準に適合するもの
    又は
    平成21年軽油軽中量車基準に適合し、かつ、窒素酸化物及び粒子状物質の排出量が平成21年軽油軽中量車基準に定める値より10%以上少ないもの
  • 平成27年度燃費基準より5%以上燃焼性能の良いもの
次のいずれにも該当するもの
  • 平成21年軽油軽中量車基準に適合するもの
  • 平成27年度燃費基準より10%以上燃費性能の良いもの
車両総重量3.5トン超の乗合自動車・貨物自動車 次のいずれにも該当するもの
  • 平成28年軽油重量車基準に適合するもの
    又は
    平成21年軽油重量車基準に適合し、かつ、窒素酸化物及び粒子状物質の排出量が平成21年軽油重量車基準に定める値より10%以上少ないもの
  • 平成27年度燃費基準より5%以上燃焼性能の良いもの
4 自動車重量税が25%軽減されるもの
車種等 要件等(概要)
ガソリン車(ハイブリッド自動車を含む) 乗用自動車 次のいずれにも該当するもの
  • 平成30年揮発油軽中量車基準に適合し、かつ、窒素酸化物の排出量が平成30年揮発油軽中量車基準に定める値より50%以上少ないもの
    又は
    平成17年揮発油軽中量車基準に適合し、かつ、窒素酸化物の排出量が平成17年揮発油軽中量車基準に定める値より75%以上少ないもの
  • 令和2年度燃費基準以上燃焼性能の良いもの
車両総重量2.5トン以下の乗合自動車・貨物自動車 次のいずれにも該当するもの
  • 平成30年揮発油軽中量車基準に適合し、かつ、窒素酸化物の排出量が平成30年揮発油軽中量車基準に定める値より50%以上少ないもの
    又は
    平成17年揮発油軽中量車基準に適合し、かつ、窒素酸化物の排出量が平成17年揮発油軽中量車基準に定める値より75%以上少ないもの
  • 平成27年度燃費基準より5%以上燃焼性能の良いもの
石油ガス自動車(ハイブリッド自動車を含む) 次のいずれにも該当するもの
  • 平成30年石油ガス軽中量車基準に適合し、かつ、窒素酸化物の排出量が平成30年石油ガス軽中量車基準に定める値より50%以上少ないもの
    又は
    平成17年石油ガス軽中量車基準に適合し、かつ、窒素酸化物の排出量が平成17年石油ガス軽中量車基準に定める値より75%以上少ないもの
  • 令和2年度燃費基準以上燃費性能の良いもの

(2) 上記(1)1の適用を受けた自動車(ガソリン車及びディーゼル車(いずれもハイブリッド自動車を含む。)のうち乗合自動車及び貨物自動車を除く。)については、新車新規検査による車検証の有効期間が満了する日から起算して15日を経過する日までの間に、継続検査等(新車新規検査後、最初に受けるものに限ります。)を受ける際(新車新規検査による自動車検査証の記載事項について車両構造等の変更がない場合に限ります。)に納付すべき自動車重量税が免除されます。

 ただし、ガソリン車及び石油ガス自動車については、「エネルギー消費効率が令和2年度基準エネルギー消費効率に百分の百九十を乗じて得た数値以上である自動車」に限られます。

(措法90の1215、措規40の4138

参考:関連コード

7192 自動車重量税のあらまし

  •  国税に関するご相談は、国税局電話相談センター等で行っていますので、税についての相談窓口をご覧になって、電話相談をご利用ください。