報告金融機関等から所轄税務署長に対する報告事項は、OECD(経済協力開発機構)ホームページに掲載されているユーザーガイド及び以下に掲載している入力ルール等に基づいて作成されたXMLファイル(※)をe-Tax(国税電子申告・納税システム)で送信することにより提供できます。
 送信に関する事前準備、手順等の詳しい情報についてはe-Taxホームページ「CRS報告コーナー」をご確認ください。

(※) CSVファイルで準備される方は、「CRS報告コーナー」内の機能にてXMLファイルに変換後、e-Taxで送信することができます。

[ユーザーガイド]

(※) OECDは、令和元年6月に「Common Reporting Standard User Guide Version3.0」を公表しました。「Version3.0」では軽微な仕様の変更等が行われています。「Version3.0」は令和3年1月1日以降の情報交換に適用されるため、令和2年4月30日報告期限の報告事項の提供については、これまでどおり「Version2.0」をご使用いただく必要がございます。国税庁では「Version3.0」への対応を今後進めて参ります。 

[報告事項の提供における留意事項等]

[報告対象国]