1.日本産酒類のブランド化推進事業 報告書

  • 日本産酒類のブランド化推進事業報告書 全データ
  • 第1章 本業務の目的及び実施全体像と課題・解決方法の類型化
  • 第2章 各事業テーマの実施結果を踏まえたモデル化
  • 第3章 各事業テーマ実施成果
    • 3.1.  株式会社Archis 長期熟成型“ヴィンテージ日本酒”のブランド確立と、世界における日本酒の地位向上
    • 3.2. 一般社団法人awa酒協会 スパークリング日本酒「awa酒」の海外展開に向けたブランディング事業
    • 3.3. Inagora株式会社 中国における富裕層・若年層への日本産酒類のマルチチャンネルブランディング
    • 3.4. 株式会社SGマネジメント 海外酒類消費の中心である「バー」をターゲットにした焼酎の開発・PR
    • 3.5. 香川県酒造組合 新開発のオリーブ酵母清酒のブランド化と海外展開調査事業
    • 3.6. 萱島酒造有限会社 ベトナムにおける日本酒の認知度向上と萱島酒造「西の関」のブランド価値向上
    • 3.7. 地方独立行政法人 京都市産業技術研究所 京都産の地域酵母と計測技術を活用した欧州向け日本酒新製品開発
    • 3.8. 株式会社神戸酒心館 日本産酒類を取り扱う現地インポーターのイベント活動を支援する枠組み
    • 3.9. 株式会社Sake Business Laboratory 地質に対応した日本酒仕込み水の水質分析体系化によるテロワール・ブランディング
    • 3.10. 株式会社ジーブリッジ 「プレミアム焼酎を世界へ」、パリから発信するプロモーション活動
    • 3.11. 地理的表示「北海道」使用管理委員会 東アジアにおけるインフルエンサーを活用したGI北海道のプロモーション
    • 3.12. 一般社団法人刻SAKE協会 古酒熟成酒の基準作りとブランド化事業
    • 3.13. 鳥取県和酒輸出蔵元協議会 鳥取県の日本酒を13億人のインドの未開発巨大新市場に一丸で販路開拓
    • 3.14. 永井酒造株式会社 SDGs型・特定名称酒ではない新たな価値創造の新商品を世界同時発売!〜地域異業種・農商工連携による地域ブランド化事業による輸出促進〜
    • 3.15. 灘五郷酒造組合・はりま酒研究会 魅力ある「GI 灘五郷・はりま」プロモーション in 華の都パリ
    • 3.16. 南山物産株式会社 「日本の古酒、熟成酒の深淵なる世界」を伝えるO2Oプロジェクト
    • 3.17. 日本酒応援団 「グローバル・アドバイザリーボード」による日本酒ブランド化推進事業
    • 3.18. 北海道自由ワイン株式会社 味香り分析等を活用し、日本版テロワールで、プレミアムな外国人市場を開拓
    • 3.19. 株式会社萬乗醸造 日本酒初のラグジュアリーブランド構築
    • 3.20. 三重県酒造組合 “三重の酒”ブランドを、海外で継続的に高め、周知することを目的とした事業
    • 3.21. 株式会社未来酒店 日本のSAKEをイギリスに届けるために0革新的なAI技術が味覚をつなぐ0
    • 3.22. 山形県酒造組合 日本酒GIで「YAMAGATA」を世界有数の日本酒銘醸地として確立する
    • 3.23. 山梨銘醸株式会社 世界の富裕層が唸る高付加価値乾杯酒の開発とブランド戦略の構築
    • 3.24. 山梨ワイン海外輸出プロジェクト 通称:KOJ(Koshu of Japan) 山梨県産ワインの認知度向上に向けたロンドンプロモーション及び産地招聘事業
  • 第4章 フォローアップテーマに係る実施業務

2.酒蔵ツーリズム推進事業 報告書

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobeのダウンロードサイトからダウンロードしてください。