重要なお知らせ

税制改正

申告・納税の手続

確定申告書等作成・e-Tax

源泉徴収義務者の方

確定申告に関する情報の総合窓口 所得税及び復興特別所得税・贈与税 3月15日(金)までに申告・納税/個人事業者の消費税及び地方消費税 4月1日(月)までに申告・納税

確定申告について

重要なお知らせ
  • 確定申告書等作成コーナーが変わりました
  • 申告手続には
税制改正
  • 災害により被害を受けた方
  • 税制上の主な変更点
申告・納税の手続
  • 初めて確定申告される方
  • 申告書の提出が必要な方へ
  • ふるさと納税をされた方へ
  • 株式を売却した方
  • パソコンやスマホで申告書等を作成する場合の利用方法
  • 確定申告書などの様式・手引き
  • 納税・還付手続について
  • 確定申告期に多いお問合せ事項Q&A
  • 動画で見る確定申告
  • 申告書の提出先(税務署の管轄一覧)
確定申告書等作成・e-Tax
  • 確定申告書等作成コーナー
  • e-Taxならこんないいこと
  • e-Tax・作成コーナーヘルプデスク
  • 医療費控除の準備
  • 配当等の申告の準備
源泉徴収義務者の方
  • 源泉徴収義務者の方
  • タックスアンサー
  • 白色申告の方の記帳・帳簿等の保存について
  • ネットが便利 申告・納税 e-Tax 国税電子申告・納税システム
  • 社会保障・税番号制度 申告書等にはマイナンバーの記載が必要です。

納税・還付手続について
納税・還付手続について

納税の場合

1. QRコードを利用したコンビニ納付

 平成31年(2019年)1月4日(金)以降、自宅等において、確定申告書等作成コーナー及び国税庁ホームページのコンビニ納付用QRコード作成専用画面から、コンビニエンスストアで納付するための「QRコード」(PDFファイル)を作成(印刷)することが可能となりました。
 これにより、税務署に出向いて納付書を入手しなくても、コンビニ納付が可能となります。

<QRコードを利用したコンビニ納付の方法>

自宅等で作成・出力した「QRコード」(PDFファイル)をコンビニ店舗に持参 キオスク端末「Loppi」や「Famiポート」に読み取らせることによりバーコード(納付書)が出力 バーコード(納付書)をレジに持参して納付
(※1) コンビニ納付ができる金額は30万円以下です。
(※2) 納付ができるコンビニエンスストアやQRコードの作成方法など詳細については、コンビニ納付(QRコード)をご覧ください。

2. e-Tax(国税電子申告・納税システム)を利用して電子納税

 e-Taxでは、ATMやインターネットバンキングなどを利用して納税ができます。初めてe-Taxをご利用される場合は、開始届出書の提出(送信)などの事前準備が必要です。
「電子納税の詳細」を見る

3. 振替納税

 預貯金口座からの自動振替により納付できます。

(※) 所得税及び復興特別所得税や個人事業者の消費税及び地方消費税の納付についてご利用できます。
なお、所得税及び復興特別所得税の振替日は平成31年4月22日(月)、消費税及び地方消費税の振替日は平成31年4月24日(水)です。

 「[手続名]申告所得税及び復興特別所得税、消費税及び地方消費税(個人事業者)の振替納税手続」を見る

4. クレジットカード納付

 インターネットを利用して専用のWeb画面から納付できます。
「[手続名]クレジットカード納付の手続」を見る

5. 窓口納付

還付の場合

 還付金の受取りは預貯金口座への振込みを是非ご利用ください。
「確定申告に多いお問合せ事項Q&Α 【税金の還付】」を見る

TOPTOP
TOPTOP