1 マイナポータル連携の対象となる控除証明書等

マイナポータルと連携してデータを一括取得し、所得税確定申告書に自動入力することができる控除証明書等は、以下のとおりです。

NO. 適用する控除・申告する収入 適用する控除・申告する収入 備考
1 医療費控除 医療費通知情報 毎年2月上旬以降取得できます(令和3年分は、令和3年9月〜12月診療分に限ります。令和4年分以降は、1月〜12月診療分の情報が取得できます。)。
(注)原則、保険診療分の情報を取得できます。薬局での医薬品購入等は情報取得の対象になりません。
2 ふるさと納税(寄附金控除) 寄附金受領証明書・寄附金控除に関する証明書 ご契約している保険会社等(控除証明書等の発行主体)がマイナポータル連携に対応していることが必要です。
マイナポータル連携に対応する保険会社等の一覧をご覧ください。
(※)ふるさと納税(寄附金控除)及び地震保険料控除は令和4年1月以降取得できます。
3 生命保険料控除 生命保険料控除証明書
4 地震保険料控除 地震保険料控除証明書
5 住宅ローン控除 年末残高等証明書
住宅借入金等特別控除証明書 データでの交付を希望された方に限ります。例年10月下旬頃から取得できます。
6 株式等に係る譲渡所得等 特定口座年間取引報告書 ご契約している証券会社等(控除証明書等の発行主体)がマイナポータル連携に対応していることが必要です。
マイナポータル連携に対応する保険会社等の一覧をご覧ください。

2 マイナポータル連携を利用するための流れ

準備するもの

  • 1マイナンバーカードとパスワード

    ・利用者証明用電子証明書のパスワード(数字4桁)

    ・署名用電子証明書のパスワード(英数字6文字〜16文字)

  • 2マイナンバーカードの読取機能のあるスマートフォン又はICカードリーダライタ

マイナポータル等での事前設定

事前設定の流れ

マイナポータル連携を利用するための設定の流れ マイナポータルへの外部リンク

マイナポータル等の設定詳細

  • 1マイナポータル(外部リンク)へログイン(初めての方はアカウントを開設)
  • 2 「もっとつながる」サービスから、国税電子申告・納税システム(e-Tax)と「つなぐ」

(マイナポータルの画面)

  • 3「もっとつながる」サービスから、ご契約している生命保険会社等がマイナポータル連携で使用するウェブサイト(民間送達サービスといいます。)と「つなぐ」(注3)
  • 4ご契約している保険会社等のサイトから民間送達サービスのアカウントを登録

(注1) マイナポータルから以下のデータを取得する場合、3及び4の手続は不要です。

・ 医療費通知情報(令和4年2月上旬から取得可能予定)

・ 住宅借入金等特別控除証明書

(注2) 事前設定後に控除証明書等を一括取得する保険会社等を追加する場合、4の設定のみ追加で行ってください。

(注3) 民間送達サービスによっては、マイナポータルとつないでから控除証明書等を取得できるまで数日かかる場合があります。詳しくは、各民間送達サービスへお問い合わせください。

所得税確定申告書の作成

 マイナポータル連携に対応している会計ソフトや、国税庁が提供している確定申告書等作成コーナーから確定申告書の作成を開始し、確定申告書を作成する手順に沿ってマイナポータルと連携し、控除証明書等を取得します。
 手順の詳細については、各会計ソフトや確定申告書等作成コーナーを参照してください。

確定申告書等作成コーナー

3 よくある質問

マイナポータルを活用した年末調整及び所得税確定申告のよくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobeのダウンロードサイトからダウンロードしてください。