1 控除証明書等の必要書類の一括取得・自動入力が可能となります。(令和2年10月以降順次)

年末調整手続や所得税確定申告手続について、マイナポータルを活用して、控除証明書等の必要書類のデータを一括取得し、各種申告書への自動入力が可能となります(マイナポータル連携)。
 年末調整手続を行う従業員・勤務先の方、所得税確定申告手続を行う納税者の方の手続は、この「マイナポータル連携」により概ね次のように簡便化されます。

○年末調整手続

  現状 簡便化後
従業員 控除証明書等 ・書面(ハガキ等)で受け取り ・控除申告書作成の際にデータで一括取得
・必要な時期まで保管(紛失した場合、再発行を依頼)
控除申告書
(保険料控除申告書など)
・手作業で作成 ・所定の項目に自動入力
勤務先 ・従業員から提出された控除証明書のチェック等 ・検算等の作業が簡素化
・書類を保管 ・書類の保管は不要(データで保存)

○所得税確定申告手続

  現状 簡便化後
納税者 控除証明書等 ・書面(ハガキ等)で受け取り ・控除申告書作成の際にデータで一括取得
・必要な時期まで保管(紛失した場合、再発行を依頼)
確定申告書 ・手作業で作成 ・所定の項目に自動入力
  • ※1 年末調整手続については令和2年10月以降、所得税確定申告手続については令和3年1月以降にご利用できるよう準備中です。対象となる控除証明書等の種類は、準備が整ったものから、順次拡大していく予定です。
  • ※2 年末調整手続に関して、保険料控除申告書などの控除申告書を電子的に作成するためのソフトウェアを令和2年10月に国税庁から提供する予定です。詳しくは「年末調整手続の電子化に向けた取組について」をご覧ください。
  • ※3 ご利用には、保険会社等の控除証明書等の発行主体がマイナポータル連携に対応していることが必要です

マイナポータルを活用した年末調整及び所得税確定申告の簡便化のイメージ(PDF/222KB)

(注)控除証明書等のデータの取得方法は、マイナポータル連携により一括取得する方法のほか、ご契約している個々の保険会社等のホームページにアクセスし、「お客様ページ」(保険会社等によって名称は異なります。)にログインしてダウンロードするなどの方法もあります(具体的な取得方法は保険会社等により異なります。)。
 この場合、年末調整控除申告書作成用のソフトウェアや、所得税の確定申告書作成用のシステムに、取得した控除証明書等データをインポートすることで、控除額等を自動計算することが可能となります。

2 ご利用いただくための準備

ご利用いただくためには、以下の準備が必要です。
 なお、一度手続をすれば、翌年以降は手続不要です。

  • 1 マイナンバーカードの取得及び読取機器の準備
     マイナポータル連携のためには、マイナンバーカードに搭載されている利用者証明用電子証明書が必要です。また、マイナンバーカードを読み取るためには、ICカードリーダライタ又はマイナンバーカード対応のスマートフォン等が必要です。

    ※ マイナンバーカードの取得方法については、マイナンバーカード総合サイト(外部サイト)をご覧ください。

    ※ マイナンバーカードに対応したスマートフォンについては、公的個人認証サービスポータルサイト(外部サイト)をご覧ください。

  • 2 マイナポータルの開設(ICカードリーダライタ又は対応スマートフォンを利用)
     マイナポータルにアクセスし、利用者登録をします。具体的な開設方法についてはマイナポータル(外部サイト)をご確認ください。
  • 3 マイナポータルと民間送達サービスの連携
     マイナポータルを活用して保険会社等から電子データを取得するためには、「民間送達サービス」を利用します。そのため、マイナポータルの「もっとつながる」機能から、民間送達サービスのアカウントを開設します。
    ※ 民間送達サービスとは、電子データをインターネット上で受け取ることができる民間企業のサービスです。
    ※ マイナポータルとの連携方法については、保険会社等により異なる可能性があります。
  • 4 保険会社等へ民間送達サービスのアカウントの登録
     ご契約の保険会社等へ上記3の民間送達サービスの利用者IDを登録するなど、控除証明書データが民間送達サービスに届くように設定します(具体的な方法については保険会社等や民間送達サービスにより異なります。)。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobeのダウンロードサイトからダウンロードしてください。