おしらせ

令和5年12月7日 以下の日程において、メンテナンスを実施いたしますのでお知らせいたします。
なお、メンテナンス中は、各環境にアクセスできませんのでご留意ください。
また、以下の日程以外において、夜間帯などを利用し臨時でメンテナンスを実施することがあります。
  • 令和5年12月29日(9:00)〜令和6年1月4日(7:45):本番環境、連動テスト環境
  • 令和6年1月29日(1:00〜7:00) :本番環境
令和5年12月7日 マイナポータル等連携プラットフォームAPIインターフェース仕様書を更新しました。サービス提供者の方は、「仕様公開申請入力フォーム」から提供の申請をお願いいたします。
令和5年12月7日 連動テストで取得可能な控除証明書等のデータパターン(令和6年1月以降用)を公開しました。
令和5年11月2日 有効期限:令和7年12月31日【マイナポPF公開鍵(本番環境)】を公開しました。
令和5年11月2日 【重要】マイナポータル等連携PF APIの暗号化方式の変更に伴う仕様公開について(全サービス提供者に影響があります。) (PDF/665KB)
令和5年10月16日 【重要】マイナポータル等連携PF APIの暗号化方式の変更について
(全サービス提供者に影響があります。)(PDF/629KB)
令和5年8月18日 マイナポータル等連携プラットフォーム API利用ガイドライン(PDF/1,391KB)」を改訂しましたので、確認をお願いします。改訂箇所は、ガイドライン内の改訂履歴で確認いただけます。
令和5年3月24日 「マイナポータル等連携プラットフォーム利用規約」の改正について(令和5年3月24日)(PDF/236KB)

マイナポータル等連携プラットフォームAPIの仕様公開及び公開鍵の提供について

 マイナポータル等連携プラットフォームとは、年末調整や確定申告の手続に利用できる控除証明書等データを、マイナポータルからマイナポータルAPI※を利用して取得するための国税庁が提供するプラットフォームです。
 本ページには、マイナポータル等連携プラットフォームとAPI連携するための、利用ガイドラインや仕様書の公開申請等の手続を掲載しています。

※ マイナポータルAPIは、デジタル庁が提供するものです。

1 マイナポータル等連携プラットフォームAPIの利用ガイドライン及び利用規約

 マイナポータル等連携プラットフォームAPIのご利用にあたり、ガイドライン及び規約を定めておりますので、仕様書の公開申請に先立ちご確認ください。
 公開内容は、今後の検討(法制面を含みます。)や技術動向などにより、変更する場合がありますので、最新の内容をご確認いただきますようお願いいたします。

2 仕様書の公開申請等に係る手続き

(1) 公開の目的
 マイナポータル等連携プラットフォームAPIの外部インターフェース仕様を、年末調整及び確定申告に関するサービスを提供しているソフトウェア開発業者向けに公開することで、当該ソフトウェア開発業者とマイナポータル等との情報連携を容易にすることを目的としています。

(2) 仕様公開に係る留意事項

  1. イ 仕様内容の変更
     公開内容は、今後の検討(法制面を含みます。)や技術動向などにより、変更する場合がありますので、最新の内容をご確認いただきますようお願いいたします。
  2. ロ 著作権
     仕様書の内容は著作権の対象となっており、著作権は日本国著作権法及び国際条約により保護されています。ただし、これらは雇用者等のシステム開発部署や民間のソフトウェア開発業者がこの仕様に基づいたソフトウェアを開発し、市場に供給することを妨げるものではありません。
  3. ハ 免責事項
     マイナポータル等連携プラットフォームの利用に当たり、システム利用者本人又は第三者が被った損害について、国税庁の故意又は重過失によるものである場合を除き、国税庁は責任を負わないものとします。

(3) 仕様書の公開申請及び各種届出

 仕様書の公開申請及びユニークIDに関する届出については、次の入力フォームから手続きを行ってください。

  1. 仕様公開申請入力フォーム
  2. 利用者情報変更届出入力フォーム
  3. ユニークID利用停止届出入力フォーム

3 公開鍵の提供

 マイナポータル等連携プラットフォームでは、2年おきに公開鍵の更新を行いますが、ソフトウェア開発業者等が提供しているアプリへの新たな公開鍵の取込期間を考慮して、1年おきに新たな公開鍵を国税庁ホームページで提供します。
詳しくは、マイナポータル等連携プラットフォーム利用規約をご確認ください。

発行年 有効期限 公開鍵 備考
令和3年 令和5年12月31日 (有効期限:R5.12.31)【マイナポPF公開鍵(本番環境)】publicKey 令和4年1月1日以降、使用可能
令和4年 令和6年12月31日 (有効期限:R6.12.31)【マイナポPF公開鍵(本番環境)】publicKey 令和5年1月1日以降、使用可能
令和5年 令和7年12月31日 (有効期限:R7.12.31)【マイナポPF公開鍵(本番環境)】publicKey 令和6年1月1日以降、使用可能

 なお、公開鍵の取込みが行われていないソフトウェアや、有効期限の切れた公開鍵を取り込んだソフトウェアについては、マイナポータル等連携プラットフォームAPIを利用することはできませんのでご留意ください。

4 連動テストで取得できる控除証明書等のデータパターン

 連動テストで取得可能な控除証明書等のデータパターンを、以下のとおり公開いたします。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobeのダウンロードサイトからダウンロードしてください。