概要

 アジア税務長官会合(SGATAR:Study Group on Asian Tax Administration and Research)は、アジア太平洋地域の税務長官が、税務執行面における国際協力の促進を図るとともに、直面する共通の諸問題について意見交換を行うことを目的として、年1回開催される会合です。

(加盟国・地域)

 日本、オーストラリア、カンボジア、中国、香港、インドネシア、韓国、マカオ、マレーシア、モンゴル、ニュージーランド、パプアニューギニア、フィリピン、シンガポール、台湾、タイ、ベトナム

SGATARホームページ

 SGATARの活動に関する情報は、以下のホームページを参照してください。

 アジア税務長官会合(SGATAR):https://sgatar.org/(外部サイトへ移動します)