東京国税局管内(千葉県・東京都・神奈川県・山梨県)の酒類業者で構成されている酒類業組合等の活動を紹介しています。

なお、組合の詳しい活動や加入方法等については、お手数ですが、直接各組合にお問合せください。

酒類業組合とは

酒類製造者・販売業者は、酒税の保全と酒類取引の安定を目的とした「酒税の保全及び酒類業組合等に関する法律(酒類業組合法)」に基づいて組合を組織しております。組合には、酒類の製造者で組織される酒造組合、酒類の卸売業者で組織される卸売酒販組合、酒類の小売業者で組織される小売酒販組合があります。

各組合では、国税庁、国税局及び税務署と連携した酒税の保全のための事業、社会的要請への取組、組合員の共同の利益を増進するためのさまざまな事業を行っています。

20歳未満飲酒や飲酒運転の防止などに取り組んでいます

(令和元年12月13日更新)

東京国税局管内の酒類業組合では、20歳未満飲酒防止などの啓発活動に力を入れており、各地でキャンペーン開催などを行っております。

○「20歳未満飲酒防止・飲酒運転撲滅キャンペーン」を実施しました

実施団体: 東京小売酒販組合八南支部
実施日 令和元年9月28日(土)
実施場所: 京王・小田急多摩センター駅
実施内容:
  • 京王・小田急多摩センター駅コンコースにて交通安全運動に併せて実施。
  • 駅利用者に声をかけながら「20歳未満飲酒防止・飲酒運転撲滅」啓発用のポケットティッシュを配布。
  • 組合員のほか、多摩中央警察署、交通安全協会、日野間税会及び日野青色申告会も参加し、PR活動を実施。

○「20歳未満飲酒防止・飲酒運転撲滅キャンペーン」を実施しました

令和元年度 清酒貯蔵出荷管理技術相談
実施団体: 東京小売酒販組合武蔵野支部
実施日 令和元年10月17日(木)
実施場所: コピス吉祥寺、サンロード及びダイヤ街
実施内容:
  • 歩行者に声をかけながら「20歳未満飲酒防止・飲酒運転撲滅」啓発用のポケットティッシュを配布。
  • 組合員のほか、武蔵野警察署も参加し、地元商店街の協力を得て、PR活動を実施。

○「20歳未満飲酒防止・飲酒運転撲滅キャンペーン」を実施しました

実施団体: 新宿酒販懇話会
実施日 令和元年10月20日(日)
実施場所: 都立戸山公園
実施内容:
  • 「大新宿区まつりふれあいフェスタ」に出展した新宿酒販協同組合ブースにおいて、「20歳未満飲酒防止・飲酒運転撲滅」懸垂幕を掲げてPRを実施。

○「20歳未満飲酒防止・飲酒運転撲滅キャンペーン」を実施しました

画像|ポケットティッシュを配布
実施団体: 千葉西小売酒販組合
実施日 令和元年10月20日(日)
実施場所: 八千代総合運動公園
実施内容:
  • 「八千代どーんと祭」会場で実施。
  • 来場者に「20歳未満飲酒防止・飲酒運転撲滅」啓発用のポケットティッシュを配布。

○「20歳未満飲酒防止・飲酒運転撲滅キャンペーン」を実施しました

画像|ポケットティッシュを配布
実施団体: 江東西酒類業懇話会
実施日 令和元年10月20日(日)
実施場所: 木場公園
実施内容:
  • 「第37回江東区民まつり」会場で、江東西税務懇話会による税務広報活動に併せて実施。
  • 来場者に「20歳未満飲酒防止・飲酒運転撲滅」啓発用のポケットティッシュ及び税務関係パンフレットを配布。
  • 国税庁e-Taxキャラクター「イータ君」も参加し、20歳未満飲酒防止と共にe-Taxの利用促進をPR。
  • 江東西酒類業懇話会は、東京小売酒販組合の深川支部及び洲崎支部で構成。

○「20歳未満飲酒防止・飲酒運転撲滅キャンペーン」を実施しました

画像|千葉県酒類業懇話会
画像|ポケットティッシュを配布
画像|ポケットティッシュを配布
実施団体: 千葉県酒類業懇話会
実施日 令和元年10月24日(木)
実施場所: JR千葉駅東口付近
実施内容:
  • 平成16年に全国に先駆けて実施して以来、毎年実施しており、今年で16回目。
  • 東京国税局後援の下、千葉県、千葉県警、中央警察署、百貨店協会、フランチャイズチェーン協会、日本チェーンストア協会及びサッカークラブチーム:ジェフユナイテッド市原・千葉レディースも参加し、駅の利用者等に「20歳未満飲酒防止・飲酒運転撲滅」啓発用のポケットティッシュ2,000個を配布。
  • 国税庁e-Taxキャラクター「イータ君」、千葉県マスコットキャラクター「チーバくん」及びジェフユナイテッド市原・千葉のマスコットキャラクター「ジェフィ」も参加。
  • 千葉県酒類業懇話会は、千葉県酒造組合、千葉県卸酒販組合、千葉県小売酒販組合連合会を主体に構成。

○「20歳未満飲酒防止・飲酒運転撲滅キャンペーン」を実施しました

画像|東京小売酒販組合の本田支部
実施団体: 葛飾酒類協議会本田支部
実施日 令和元年10月25日(金)〜27日(日)
実施場所: テクノプラザかつしか
実施内容:
  • 「葛飾区産業フェア」会場で毎年実施。
  • 来場者に「20歳未満飲酒防止・飲酒運転撲滅」啓発用のポケットティッシュを配布。
  • 葛飾酒類協議会は、東京小売酒販組合の本田支部及び亀有支部で構成。

○「20歳未満飲酒防止・飲酒運転撲滅キャンペーン」を実施しました

画像|高校生ポケットティッシュを配布
画像|高校生ポケットティッシュを配布
実施団体: 山梨県小売酒販組合連合会(協賛:山梨県酒造組合・山梨県ワイン酒造組合・山梨県卸酒販組合)
実施日 令和元年10月25日(金)
実施場所: JR甲府駅北口ペデストリアンデッキ及び南口
実施内容:
  • 山梨県、山梨県教育委員会、東京国税局及び山梨県下4税務署の後援の下、地元高校生、甲府市及び警察関係者に加え、サッカークラブチーム:ヴァンフォーレ甲府のマスコットキャラクター「ヴァンくん」及びバスケットボールクラブチーム:山梨クィーンビーズのマスコットキャラクター「ビーちゃん」も参加し、PR活動を実施。
  • 甲府駅を利用している高校生らに「きみ何歳?お酒は20歳になってから!」のメッセージが入ったポケットティッシュを配布。

○「20歳未満飲酒防止・飲酒運転撲滅キャンペーン」を実施しました

画像|ポケットティッシュを配布
実施団体: 東京小売酒販組合田無支部
実施日 令和元年10月29日(火)
実施場所: 西武新宿線田無駅コンコース
実施内容:
  • 駅利用者に声をかけながら、「20歳未満飲酒防止・飲酒運転撲滅」啓発用のポケットティッシュを配布。
  • 組合員のほか、西東京市長、田無警察署も参加し、PR活動を実施。

○「20歳未満飲酒防止・飲酒運転撲滅キャンペーン」を実施しました

画像|ポケットティッシュを配布
実施団体: 船橋酒類業懇話会
実施日 令和元年11月1日(金)
実施場所: JR船橋駅南口前・北口前
実施内容:
  • 駅利用者に「20歳未満飲酒防止・飲酒運転撲滅」啓発用のポケットティッシュを配布。
  • 船橋市、船橋警察署及び船橋高校の生徒のほか、千葉県マスコットキャラクター「チーバくん」や船橋市公認ゆるキャラ「船えもん」も参加し、PR活動を実施。

○「20歳未満飲酒防止・飲酒運転撲滅キャンペーン」を実施しました

画像|ポケットティッシュを配布
実施団体: 東京小売酒販組合中央支部
実施日 令和元年11月5日(火)
実施場所: 銀座三越周辺
実施内容:
  • 通行人に「20歳未満飲酒防止・飲酒運転撲滅」啓発用のポケットティッシュ及び税務広報チラシを配布。
  • 組合員のほか、中央都税事務所、中央区役所及び京橋税務署管内の税務関係6団体が納税啓発塔「銀の門」キャンペーンと併せて実施。

○「20歳未満飲酒防止・飲酒運転撲滅キャンペーン」を実施しました

画像|ポケットティッシュを配布
実施団体: 東京小売酒販組合八南支部
実施日 令和元年11月8日(金)
実施場所: JR八王子駅コンコース及びとちの木デッキ
実施内容:
  • 駅利用者に声をかけながら「20歳未満飲酒防止・飲酒運転撲滅」啓発用のポケットティッシュを配布。
  • 組合員のほか、八王子警察署も参加し、PR活動を実施。

○「20歳未満飲酒防止キャンペーン」を実施しました

画像|ポケットティッシュを配布
実施団体: 江戸川北酒販協議会
実施日 令和元年11月11日(月)
実施場所: JR小岩駅南口周辺
実施内容:
  • 「税を考える週間」行事の一環として毎年実施。
  • 駅利用者の方に、e-Taxの利用促進と共に「20歳未満飲酒防止」啓発用チラシを配布してPR。
  • 国税庁e-Taxキャラクター「イータ君」も参加。
  • 江戸川北酒販協議会は、東京小売酒販組合の小松川支部及び小岩支部で構成。

○「20歳未満飲酒防止・飲酒運転撲滅キャンペーン」を実施しました

画像|ポケットティッシュを配布
実施団体: 豊島酒販連合会
実施日 令和元年11月11日(月)
実施場所: JR巣鴨駅前
実施内容:
  • 「税を考える週間」行事の一環として毎年実施。
  • 駅利用者の方に「20歳未満飲酒防止・飲酒運転撲滅」啓発用のポケットティッシュ等を配布。
  • 組合員のほか、国税庁e-Taxキャラクター「イータ君」や間税会、優申会、都税事務所も参加し、PR活動を実施。
  • 豊島酒販連合会は、東京小売酒販組合の巣鴨支部・長崎支部・目白高田支部で構成。

○「20歳未満飲酒防止・飲酒運転撲滅キャンペーン」を実施しました

画像|ポケットティッシュを配布
実施団体: 千葉東酒類業懇話会
実施日 令和元年11月11日(月)
実施場所: JR千葉駅東口周辺
実施内容:
  • 「税を考える週間」行事の一環として千葉東税務署管内の関係民間6団体にて毎年実施。
  • 駅利用者に対して、「20歳未満飲酒防止・飲酒運転撲滅」啓発用のポケットティッシュを配布。
  • 国税庁e‐Taxキャラクター「イータ君」と千葉市税キャラクター「モリ夫くん」とともにPRを実施。

「日本酒・泡盛研修会、キーディッシュ会」を開催しました(東京都酒類業懇話会)

(令和元年12月13日更新)


【岩槻鑑定官室長(東京局)】

【宮本鑑定官(沖縄事務所)】

【キーディッシュ会の様子】
 令和元年11月2日(土)、東京都内の酒類製造業者、酒類卸売・小売業者で構成される東京都酒類業懇話会は、インテリジェント・ロビー・ルコ(新宿区)において「日本酒・泡盛研修会、キーディッシュ会」を開催しました。
 第1部は、東京国税局の岩槻鑑定官室長による、日本酒の製造方法や、香味の特徴、料理とのペアリング等の説明を、第2部は、沖縄国税事務所の宮本鑑定官による、琉球泡盛の特徴と飲み方の説明や、新しい製造方法の紹介などを行いました。
 参加者からは、「日本酒と泡盛に対する興味が一層強まった」「次回はもっと詳しい話を聞いてみたい」等の意見が出ました。
 第3部では、参加者が日本酒と料理(キーディッシュ:寿司、ローストビーフ、たこ焼き、チーズ、ポトフ、牡蠣)とのマッチングを行い、会場に並べられている東京都内の酒蔵を中心とした多数の特定名称酒(吟醸酒、純米酒、本醸造酒)の中から、キーディッシュと合うお酒を真剣に吟味しました。

酒造講話会を開催しました(千葉県酒造組合))

(令和元年12月13日更新)

画像|酒造講話会
 千葉県酒造組合は、令和元年11月6日(水)、千葉商工会議所において、「令和元酒造年度 酒造講話会」を開催しました。
 当日は、千葉県内の酒類製造者や醸造担当者等26名に対して、東京国税局酒税課から「酒税法と記帳義務」について、また、東京国税局鑑定官室及び千葉県産業支援技術研究所から「今期の酒造りに関する注意事項」等について講話があり、活発な質疑応答が行われました。

「外国人観光客の買い物動向と対応についての研修会」を開催しました(東京小売酒販組合)

(令和元年12月13日更新)

「ラッピング講習会」
【坂田理事長あいさつ】
「ラッピング講習会」
【中小企業診断士 榎本先生の講義】
 令和元年11月7日(木)、東京小売酒販組合は、東京小売酒販会館(千代田区)において、組合員を対象とする研修「外国人観光客の買い物動向と対応についての研修会」を開催しました。
 当研修会では中小企業診断士の榎本博之先生による、外国人の「売れ筋アイテム」「消費動向」「日本の酒への認識」等の説明に加えて、外国人観光客を対象とした販売方法のヒントとして、店舗の告知方法、言語対応の仕方、SNSの活用等、実践的な講義が行われました。
 参加者からは、「言葉以外のコミュニケーションを大切に接客していくことの重要性に気付くことができた」「次回はもっと掘り下げた販売方法について聞いてみたい」等、外国人観光客に対する商売についての関心が更に強まったとも言える積極的な意見が出ました。