国税庁では、毎年、租税教育の一環として「税に関する高校生の作文」の募集を行っています。
 令和4年度は全国で1,424校から148,050編の応募があり、大阪国税局管内においても255校から28,066編の応募がありました。
 その中で、大阪国税局管内では、国税庁長官賞1名、大阪国税局長賞5名、公益財団法人納税協会連合会会長賞6名の方々が受賞されました。
 受賞された方々は以下のとおりです。

【国税庁長官賞受賞者(1編)】
氏名 学校名 学年 題名
齋藤 若颯 兵庫県立篠山鳳鳴高等学校 1 税で支える
【大阪国税局長賞受賞者(5編)】
氏名 学校名 学年 題名
よし田 千晴 国立舞鶴工業高等専門学校 3 税金による恩恵
池上 十和子 近畿大学附属豊岡高等学校 1 反抗期の弟と税
俵 和花 和歌山県立橋本高等学校 1 幸せと思える未来のために
京原 颯真 学校法人羽衣学園高等学校 2 私たちを支える税金
高橋 陽子 滋賀県立八幡商業高等学校 2 不満を抱く裏側で
【公益財団法人納税協会連合会会長賞受賞者(6編)】
氏名 学校名 学年 題名
中嶋 知優 滋賀県立米原高等学校 1 なぜ国民には納税の義務が課されているのか
定形 一樹 京都廣学館高等学校 1 納税が開く未来
有瀬 朗人 大阪府立北野高等学校 1 炭素税を解決の糸口に
轟 千桜音 兵庫県立長田高等学校 1 社会を見つめる、税を学ぶ
中西 由梨香 学校法人西大和学園西大和学園高等学校 1 税と社会の在り方
川口 智也 和歌山県立日高高等学校 1 プラスな気持ちで納める税