納税証明書の交付請求は、自宅やオフィスからインターネットを利用したオンライン請求が便利です。
 オンライン請求には、納税証明書を電子データで受け取る方法と、税務署の窓口で書面で受け取る方法があります。
 それぞれの概要と操作マニュアルを掲載していますので、是非、ご利用ください。

1 電子納税証明書(PDFファイル)の概要

自宅やオフィスから、インターネットを利用して納税証明書の交付請求を行い、電子納税証明書(PDFファイル)で受け取る方法です。
 受け取った電子納税証明書(PDFファイル)は、自宅やオフィスのプリンタから印刷することができ、書面で提出が可能です。

【メリット】

  • 税務署窓口に行く必要がなく、請求から受取まで自宅等で完了!
  • 受け取ったPDFファイルは、何度でも何枚でも印刷可能!
  • 一度に複数枚請求される方は、手数料がお得!(1枚分の手数料で何枚でも印刷可能)

○ 納税証明書オンライン請求マニュアル(PDF請求編)(PDF/1,799KB)

2 オンライン請求・窓口受取の概要

自宅やオフィスから、インターネットを利用して納税証明書の交付請求を行い、税務署の窓口で書面により受け取る方法です。
 電子証明書(マイナンバーカード)やインターネットバンキング契約は不要です。
※ 窓口で納税証明書を受け取る際に必要なものについては、「オンラインでの交付請求」をご確認ください。

【メリット】

  • 事前に自宅等で請求するので、税務署での待ち時間が短縮!
  • 窓口請求に比べ、手数料がお得!(1税目×1年度×1枚=370円(通常400円))
  • パソコンに加え、スマートフォンでも請求が可能!

○ 納税証明書オンライン請求マニュアル(スマホ・本人請求編)(PDF/1,006KB)
○ 納税証明書オンライン請求マニュアル(スマホ・代理請求編)(PDF/1,082KB)
○ 納税証明書オンライン請求マニュアル(PC・本人請求編)(PDF/1,014KB)
○ 納税証明書オンライン請求マニュアル(PC・代理請求編)(PDF/984KB)

※ ご自身の納税証明書を請求される方は「本人請求編」、代理人として請求される方は、「代理請求編」をご覧ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobeのダウンロードサイトからダウンロードしてください。