国税庁では、租税教育の一環として、昭和37年以来、全国の高校生から「税に関する高校生の作文」を募集しており、このほど平成30年度の入賞作品が決まりました。
 広島国税局管内では、129校から13,284編の応募があり、その中から岡山県立玉島高等学校の多賀 大将さんの作品1編が、国税庁長官賞に選ばれました。
 また、広島国税局長賞として作品5編が選ばれました。

国税庁長官賞

氏名 学校名 学年 題名 所管税務署
多賀 大将岡山県立玉島高等学校 2税が私達に及ぼす影響と在るべき形玉島

広島国税局長賞

氏名 学校名 学年 題名 所管税務署
廣尾 和季 岡山県立岡山操山高等学校 1 国際連帯税の導入 岡山東
坂川 魅旬 岡山県立笠岡高等学校 2 西日本豪雨でわかった税の大切さ 笠岡
窪田 靖子 広島県立広島工業高等学校 2 繋がる納税 広島南
牧之内 陸貴 学校法人崇徳学園崇徳高等学校 2 税が支えるスポーツ 広島西
本人の希望により氏名は非公表とします。 山口県立徳山高等学校 2 税に関する私の作文 徳山