「仕次ぎ」の文化的価値を再認識すると共に、経験的・科学的に有効な仕次方法を多くの人に伝えるため、「泡盛仕次古酒・秘蔵酒コンクール」を実施しています。

  1. 第2回 泡盛仕次古酒・秘蔵酒コンクール
  2. 第1回 泡盛仕次古酒・秘蔵酒コンクール

泡盛仕次古酒・秘蔵酒コンクール開催について

「仕次ぎ」は、泡盛古酒の伝統的かつ特徴的品質管理方法です。
貯蔵年数の長い古酒の一部を使用した際、貯蔵年数の短い古酒等を補填して、仕次古酒の品質を維持又は向上させます。この方法は、我が国においては唯一泡盛のみで実施されています。

しかしながら、この方法は、現在の泡盛製造者ではほとんど実施されておらず、専ら泡盛愛飲家、飲食店及び小売店等の消費者サイドを中心に実施されているため、その実態が十分に把握できていない現状があります。

そこで、仕次方法の実態及び仕次古酒の品質を把握するために平成30年1月から4月にかけて第1回目となる「泡盛仕次古酒・秘蔵酒コンクール」を関係機関と共催して実施しました。

仕次ぎのやり方について

リーフレット「目指せ!100年古酒!〜甕で育てる仕次方法〜」(PDF/296KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobeのダウンロードサイトからダウンロードしてください。