白保 雄也

那覇税務署 徴収部門 事務官

白保 雄也

(平成19年度採用)

 私は税務署の徴収部門で主に滞納整理事務を行っています。
 滞納整理とは、法律で定められた期限までに税金を納付することができなかった納税者の相談を受け、それぞれの実情を考慮しながら、納税の猶予や財産の差押え等の手続きを行う仕事です。
 悪質な滞納者に対しては、毅然とした態度で財産の捜索や差押えを実施し、滞納国税の徴収を行っています。

 国税の職場は充実した研修を通して、税法だけではなく様々な法律の知識を身に付けることができます。さらに、多種多様な職業の方々と接するため、様々な社会情勢を身近に感じることができます。

 職場は風通しが良く、高い専門知識を持った先輩職員は若手職員をサポートしてくれますので、国税職員としてやっていく上で特に不安はありません。


上地 理絵

名護税務署 個人課税部門 事務官

上地 理絵

(平成20年度採用)

 私は個人課税部門に勤務しており、主に窓口での個人事業者の所得税及び消費税に関する申告相談や、提出された申告書の誤りの是正などの事務を行っています。

 毎年、税制改正が行われていますが、そのつど自ら学びたいという意欲が湧き、自己研鑽に励むことができます。また、納税者と接する機会が多いため、相談内容に納得していただいたときはとても嬉しく感じます。

 税法のほか様々な法律に基づいて仕事を行うため、はじめの頃は不安があると思います。しかし、税務大学校東京研修所で研修を行うため同期と切磋琢磨しながら税法、関係法令、簿記・会計さらに社会人としてのマナーを含め多くのことを学ぶことができますので心配は不要です。少しでも興味のある方はぜひ挑戦してみてください。


砂川 亮真

那覇税務署 資産課税部門 事務官

砂川 亮真

(平成19年度採用)

 私は資産課税部門で相続税や贈与税、さらに土地建物の不動産や株式などの売却益等に対して課税される所得税に関する業務に従事しています。ICTの急速な普及により経済取引が日々進歩しており、幅広い分野の知識が求められる仕事であるため、それらの情報収集に日々努めています。

 国税という組織については、ひたむきに仕事に取り組んでいくことで、世の中の仕組みや経済情勢などを知ることができ、日々新しい発見を味わうことができるところに魅力を感じています。

 日常生活の些細な情報が仕事につながっており、些細なことにも興味や関心を持てば持つほど仕事に反映され、自分自身に力がつくのを実感することができる大変やりがいのある仕事です。

 税務の職場では臨機応変な対応力と情報収集力が必要とされます。社会は日々進歩しています。社会に置いていかれないよう世の中に目を向け、些細なことにでも興味を持つことで仕事は成功へとつながります。何事にもチャレンジする積極的な気持ちを皆さんには忘れずにいて欲しいです。


吉田 佳史

北那覇税務署 法人課税部門 事務官

吉田 佳史

(平成17年度採用)

 私は、税務署の法人課税部門で法人税や消費税に関する申告相談や税務調査を担当しています。

 国税庁の使命に、「内国税の適正かつ公平な賦課及び徴収の実現」とありますが、申告が適正でないと認められる納税者に対しては的確な調査を行い、適正な申告へと導くことに対してやりがいを感じます。

 また、仕事を通じて建設業・飲食業等のあらゆる業種の経営者の豊富な専門知識や経験を聞くことができ、良い刺激を受けています。

 仕事に対して、意欲と強い責任感を持って取り組むことがとても大切な職場です。困難な仕事もありますが、達成時には大きなやりがいを感じることができますので、ぜひチャレンジしてください。