富山 裕太

那覇税務署 管理運営部門 事務官

富山 裕太

(平成24年度採用)

 私は税務署の管理運営部門に勤務しています。管理運営部門は、申告書の受付や入力、税金の納付と還付に関する事務を行っています。そのほか、一般的な税金のことに関する税務相談などを受け付けており、いわば税務署の総合窓口としての役割を果たしています。様々な税目に関する幅広い知識が必要となりますので、日々勉強しながら取り組んでいます。

 国税専門官を志望したのは大学時代に簿記の授業を受けたことがきっかけです。国税の仕事は私が大学で学んだことと関わりが深く、公共のためには欠かせない仕事ができるということで魅力を感じました。

 国税を志望してよかったと感じるところは、多くの研修があるところです。研修を通して、簿記や税法の専門的知識を学ぶことができます。また、全国の職員と交流を持つので、同じ喜びや同じ悩みを分かち合える仲間を日本全国に作ることができます。


金城 あゆみ

北那覇税務署 徴収部門 事務官

金城 あゆみ

(平成22年度採用)

 私は税務署の徴収部門に勤務しています。徴収部門は、期限内に税金を納付しない納税者に対する督促事務や滞納整理に関する事務を行っていますが、生活費や資金繰りに困り納税が困難な納税者に対する納付相談も行っています。また、悪質な滞納者に対しては、他の期限内納付者との公平性を確保するために、財産の差押え及び公売等の強制徴収手続を行うこともあります。

 税金というものがなければ、国民の皆さんに対して適切な行政サービスを行うことはできません。福祉や教育、治安維持など、国の財政基盤となる税金を取り扱う国税の働きを通して、国を支えているという使命感を持って働けることにやりがいを感じます。また、充実した研修制度があるため、働きながらも自己のスキルアップができることも国税の魅力の一つです。

 必須とされる税法についての研修や英語、簿記、パソコンに関する研修など、税法だけではなく様々な分野の研修が開催されています。自分の知識や経験を更に磨きつつ、新しいことに挑戦していきたい人にとっては魅力的な研修制度ではないでしょうか。今後の税務を担っていくのは、強い責任感と正義感を持つ皆さんのような若い力です。ぜひ国税の職場で、自らも成長しながら働いてみませんか。


島尻 麻衣

那覇税務署 個人課税部門 事務官

島尻 麻衣

(平成22年度採用)

 私は税務署の個人課税部門に勤務しています。個人課税部門は個人事業者である納税者の所得税及び消費税の調査事務を行っています。納税者の自宅や事業所を訪問し、事業内容を聴取するとともに、帳簿書類に基づき、申告が正しく行われているかどうかを確認する仕事をしています。時には、辛いこともありますが、多くの人が正しく申告をしている中で、不正を見逃してはならないという使命感を持って仕事をしています。納税者一人一人の納税意識を高めてもらうためにも重要な仕事だと思い、日々励んでいます。

 大学で開催された説明会がきっかけで国税の仕事を知りました。私のこれまでの公務員に対するイメージとは異なり、外回りの多いアクティブな職場であること、そして日々の仕事が、国の財政に関わる重要な仕事であるというところに、やりがいを感じることができるのではないかと思い、国税を志望しました。

 税務の仕事は、身につけなければならない専門知識も多く、さらに社会・経済状況の変化に対しても常に敏感に対応しなければなりません。決して易しい仕事ではありませんが、国の財政を支えていく上でなくてはならない仕事です。だからこそ、大きなやりがいを持って働くことができると思います。国税の職場に少しでも興味を持った方は、ぜひ志望していただきたいです。

 周りの先輩職員は皆、仕事に対するモチベーションが高く、そんな先輩方から毎日刺激を受けて仕事に励んでいます。尊敬する先輩方に少しでも近づけるよう、そして何より、納税者から信頼される税務職員になるよう、これからも自己研鑽に努めます。


池田 喜一

沖縄税務署 資産課税部門 事務官

池田 喜一

(平成22年度採用)

 私は税務署の資産課税部門に勤務しています。資産課税部門は、不動産を売買したときに課税される所得税(譲渡所得)や他人から財産をもらったときに課税される贈与税、人が亡くなり財産を相続した時に課税される相続税の申告相談や税務調査を担当しています。提出された申告書の内容を個々の法律に照らして検討したり、財産が正しく評価されているかチェックするなど様々な業務を行っていますが、業務に関する幅広い知識を習得し、関係諸法令を読み解いていく仕事は、毎日が大変充実しています。

 時には厳しいこともありますが、国家の使命と役割を果たすため、国税職員として公務に従事することの充実感とやりがいを共に感じることができる職場です。国税の組織では、やる気のある皆さんの力を必要としています。是非一緒に切磋琢磨しましょう。

 会計学、諸外国語、税法・・・様々な研修プログラムがあり、自己のやる気さえあればたくさんの知識を身に付ける事が出来るのも国税の魅力です。仕事をしながら自己研鑽もできるこの職場を是非お勧めします。


當山 泰

北那覇税務署 法人課税部門 事務官

當山 泰

(平成22年度採用)

 私は税務署の法人課税部門に勤務しています。法人課税部門は、法人税、消費税、源泉所得税、印紙税等を取り扱う部署です。その中で、私は会社へ臨場して帳簿書類等の確認を行い、法人税、消費税などが適正に申告されているか、調査を行う業務を担当しています。

 税務調査では、税のプロとして税法に関する専門知識のほかに、経済情勢や取引慣行などに関する幅広い知識が必要不可欠です。様々な業種の会社を調査するので、新聞やニュースを通じて社会の「しくみ」や経済の動向を理解しておくことが重要で、常にスキルアップの必要性を感じるとともにやりがいも感じることができる仕事です。また、企業の代表者など社会的に責任ある立場の方々ともお会いして直接話をする機会もあるため、仕事を通じて、そういった方々の企業観や人生観などを伺えることも魅力の一つです。
 この職場を目指して勉強を頑張っている皆さん、魅力ある職場が皆さんを待っています。その夢を諦めずに、いつか一緒に税務のプロフェッショナルを目指し、仕事ができる日を楽しみにしています。