令和元年8月
関東信越国税局

当局管内の各県における、平成28年度から平成30年度までの単式蒸留焼酎に係る課税移出数量及び消費数量は以下のとおりです。
 これにより、特産品のうち米、麦、さつまいも又はそばを主原料として製造しようとする単式蒸留焼酎製造免許については、令和元年9月1日から令和2年8月31日までの間、いずれも免許付与が可能です。

(単位:キロリットル
都道府県名 H28年度 H29年度 H30年度 H28〜30年度 免許付与可
能都道府県
(可能は○)
課税移
出数量
消費
数量
課税移
出数量
消費
数量
課税移
出数量
消費
数量
平均課税
移出数量
平均消費
数量
平均消費-平均課税
茨城県 272 8,720 240 8,782 213 8,103 242 8,535 8,293
栃木県 1,364 5,258 1,078 5,294 866 4,877 1,103 5,143 4,040
群馬県 3,154 3,892 3,153 3,941 3,025 3,643 3,111 3,825 714
埼玉県 95 15,223 69 14,950 57 14,328 74 14,834 14,760
新潟県 405 4,978 385 4,895 347 4,841 379 4,905 4,526
長野県 759 6,551 728 6,331 638 6,229 708 6,370 5,662

(注) 上記数量は、いずれも令和元年6月30日現在の数量により算出しています。