•  昭和16年、税務以外の事務が増加したため、税務監督局は財務局となりました。
     相次ぐ増税や新税の導入は、国民の税負担を増加させ、滞納も多くなりました。昭和18年、納税施設法が制定され、町内会や各種の納税組合などが徴税の補助的団体となりました。
     税務署では、職員の軍隊への召集も相次ぎ、新任の職員が多数採用されたため、新任者への専門教育がより重要となり、昭和16年に税務講習所が開設されました。

戦時下の税務行政  史料(下の写真をクリックして下さい)

戦時中 納税袋 税務講習所の初代講師軍と職員 昭和17年(1942)税務代理士報酬規定 昭和12年(1937)納税奉公歌・納税奉公歌謡曲レコード
戦時中 納税袋
税務講習所の初代講師陣と職員 昭和17年(1942)
税務代理士報酬規定
昭和12年(1937)
納税奉公歌・納税奉公歌謡曲レコード
昭和16年(1941)全国財務局管轄図 昭和10年代(1935〜44)出征する品川税務署の職員(東京国税局) 昭和19年(1944)戦時官吏服務令  
昭和16年(1941)
全国財務局管轄図
昭和10年代(1935〜44)
出征する品川税務署の職員(東京国税局)
昭和19年(1944)
戦時官吏服務令