•  大正初年の税制整理は、所得税と営業税を中心に行われました。所得税は税制の中心と位置付けられ、免税点の引き上げや勤労所得控除の新設など、税制への社会政策の反映がみられました。さらに、大正7年、第一次世界大戦で多額の所得を得た者に、戦時利得税が課税され、成金税ともいわれました。大正9年の所得税の改正では、扶養家族控除の新設や免税点の引き上げなど、少額所得者の負担軽減が図られました。
    第一次世界大戦による好況は企業数を増加させ、それに伴って法人所得税額も増加し、大正5年度に初めて個人所得税額を上回るようになりました。

大正期の税制  史料(下の写真をクリックして下さい)

大正9年(1920)改正所得税法説明書 大正9年(1920)所得税改正のチラシ 大正9年(1920)税制整理特別委員会議事録大正11年(1922)税制整理案 大正5年(1916)落成山形税務署の庁舎と事務室
大正9年(1920)
改正所得税法説明書
大正9年(1920)
所得税改正のチラシ
大正9年(1920)
税制整理特別委員会議事録
大正11年(1922)
税制整理案
大正5年(1916)
落成
山形税務署の庁舎と事務室
大正7年(1918)服務網要 大正8年(1919)大蔵省税務講習会修了証 大正9年(1920)職員の御用始めの記念撮影  
大正7年(1918)
服務綱要
大正8年(1919)
大蔵省税務講習会修了証
大正9年(1920)
職員の御用始めの記念撮影