• 明治29年、全国に23の税務管理局と520の税務署が創設されました。府県収税部の事務は税務管理局、収税署の事務は税務署に移管されました。さらに、明治35年の税務監督局の設置に伴い、税務署長が税務監督局長の指揮・監督のもとで内国税の法律・命令の執行を行うようになりました。
    府県の収税部は、大蔵大臣だけでなく、府県知事の指揮・監督下にあったので、執行の実態は必ずしも同一ではありませんでした。税務署の創設により、執行面での全国的な統一が図られました。

税務署の創設  史料(下の写真をクリックして下さい)

明治32年(1899)滋賀県大津税務署の鬼瓦 明治34年(1901)札幌税務管理局庁舎模型 明治29年(1896)全国税務管理局管轄図
明治32年(1899)
滋賀県大津税務署の鬼瓦
明治34年(1901)
札幌税務管理局庁舎模型
明治29年(1896)
全国税務管理局管轄図
明治35年(1902)全国税務監督局管轄図 明治42年(1909)秋田県大曲税務署庁舎模型 明治後期東京税務監督局庁舎
明治35年(1902)
全国税務監督局管轄図
明治42年(1909)
秋田県大曲税務署庁舎模型
明治後期
東京税務監督局庁舎