• 明治20年、農民と商工業者、資産の保有等に応じた負担の均衡を図る目的で所得税が導入されました。この当時の税制の中心である地租が、毎年一定の税収しか望めないのに対して、所得税の導入により経済の発展にともない税収の増加が期待できるようになりました。
    所得税は、個人の所得額年300円以上の者に課税され、導入当初は「名誉税」と称されることもありました。郡区長に提出された所得金高届は、所得税納税者のなかから選出された所得税調査委員が調査し、調査委員会の決議により郡区長が所得金額を決定しました。

所得税の導入  史料(下の写真をクリックして下さい)

明治20年(1887)所得税法の解説書 明治20年(1887)所得金高御届 明治21年(1888)申告期限の諭告 明治28年(1895)所得税調査委員選挙人当選証書 明治23年度(1890)大日本政府歳入種目図 明治20年(1887)所得税納人の告示
明治20年(1887)
所得税法の解説書
明治20年(1887)
所得金高御届
明治21年(1888)
申告期限の諭告
明治28年(1895)
所得税調査委員
選挙人当選証書
明治23年度(1890)
大日本政府
歳入種目図
明治20年(1887)
所得税納人の告示