• 江戸時代の租税は、土地に対する課税が中心で、商工業者と比較して農民に加重でした。
    年貢は地租改正により、小物成のうち国税となった酒税なども、それぞれ全国統一の税制に改正されました。その他の小物成は、明治8年の雑税整理により廃止され、改めて地方営業税として整備されていきました。
    政府は、従来の税制の調査を行うとともに、欧米の税制をも調査し、産業の育成と商工業への課税を検討しました。明治6年の印紙税や同20年に導入された所得税は、農民と商工業者などとの負担の均衡を図るために、外国の税制を参考にしたものです。

税制の近代化  史料(下の写真をクリックして下さい)

慶応4年(1868)租税之章程対策 明治5年(1872)田税新法 明治7年(1874)印紙貼用心得 明治4年(1871)英国賦税要覧
慶応4年(1868)
租税之章程対策
明治5年(1872)
田税新法
明治7年(1874)
印紙貼用心得
明治4年(1871)
英国賦税要覧
明治8年(1875)酒類請売営業免許鑑札 明治18年(1885)大日本租税志 大蔵省租税寮の錦絵   
明治8年(1875)
  酒類請売営業免許鑑札
明治13年(1880)
  酒類製造営業免許鑑札
明治18年(1885)
大日本租税志
大蔵省租税寮の錦絵