表計算ソフトを利用した作成例

 光ディスク等による法定調書提出用データについて、パソコンの表計算ソフト「エクセル」を利用した作成例をご案内します。

(1) 入力セルの書式設定

 入力セルの書式を「文字列」に設定します。

<設定方法>

 データを入力するワークシート全体を選択します(ワークシートの全体の色が反転した状態です。)。

 [ホーム]タブの[セル]グループで[書式]をクリックし、次に[セルの書式設定]を選択したら、「表示形式」のタグをクリックし、「分類」の中から「文字列」を選択します。選択したら「OK」ボタンを押します。

 (参考図)

(参考図)エクセル セルの書式設定表示形式文字列
(参考)
 この処理を行うことにより、ワークシートのデータが「テキスト形式」のデータとして出力されます。数字も文字列として扱われ、整理番号などの先頭に0のあるデータも正常に(先頭の0がなくなることなく)出力されます。

(2) データの入力

 ワークシート上のデータは、1つの行が調書1枚分のデータを表します。また、列は法定調書の「レコードの内容及び記録要領」(2(1)参照)の項目と対応させて入力してください。

 なお、入力に際しては、文字数や入力文字(全角・半角)等が指定されている項目があります。特に最終項目の欄は入力する事項がない場合でも、必ず1文字(スペース)入力する必要があります。

 エクセルでは、セルに編集のある最右端のデータまでをカンマ区切りデータとして出力するため、最終項目の欄にスペースを記録しておくことにより、最後のセルまで出力することになります。

 次のダウンロードファイル(エクセル形式)は、各列に入力すべき項目名称や入力文字数など(タイトル行)を記録したものです。このダウンロードファイルのタイトル行を「参考図」のように先頭行に貼り付けると、読み込み可能なCSVファイルを作成することができます。

法定調書の種類 容量(KB)
(1) 給与所得の源泉徴収票(375) Excel/19KB
(2) 退職所得の源泉徴収票(316) Excel/13KB
(3) 報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書(309) Excel/13KB
(4) 不動産の使用料等の支払調書(313) Excel/14KB
(5) 不動産等の譲受けの対価の支払調書(376) Excel/13KB
(6) 不動産等の売買又は貸付のあっせん手数料の支払調書(314) Excel/13KB
(7) 利子等の支払調書(374) Excel/16KB
(8) 生命保険契約等の一時金の支払調書(310) Excel/16KB
(9) 生命保険契約等の年金の支払調書(366) Excel/14KB
(10) 株式等の譲渡の対価の支払調書(381) Excel/16KB
(11) 公的年金等の源泉徴収票(377) Excel/15KB
(12) 先物取引に関する調書(347) Excel/14KB
(13) 国外送金等調書(350) Excel/14KB
(14) 特定口座年間取引報告書(385) Excel/22KB
(15) 外国親会社等が国内の役員等に供与等をした経済的利益に関する調書(369) Excel/16KB
(16) 配当、剰余金の分配、金銭の分配及び基金利息の支払調書(359) Excel/15KB
(17) オープン型証券投資信託収益の分配の支払調書(379) Excel/14KB
(18) 国外投資信託等又は国外株式の配当等の支払調書(328) Excel/15KB
(19) 投資信託又は特定受益証券発行信託収益の分配の支払調書(360) Excel/15KB
(20) 名義人受領の配当所得の調書(318) Excel/15KB

※ 平成27年分以前の法定調書を提出する場合には、マイナンバー(個人番号)又は法人番号の入力は行わないでください。

 (参考図)

法定調書の参考図(参考図)
法定調書の参考図(参考図)

(3) データの保存

1 入力終了後、[Officeボタン]をクリックし、次に「名前を付けて保存」をクリックします。「名前を付けて保存」のダイアログボックスが表示されます。

2 保存先(CD等)を選択したら、ファイル名及びファイルの種類は次のようにします。

ファイル名 "309dat01.txt"
(「報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書」の場合)
ファイルの種類 CSV(カンマ区切り)

※ ファイル名は、必ずダブルクォーテーション(" ")でくくってください。

3 「保存」ボタンを押します。次のメッセージが表示されるので以下の対応を行ってください。

メッセージ 「309dat01.txtには、CSV(カンマ区切り)と互換性のない機能が含まれている可能性があります。この形式でブックを保存しますか。」
対応 「はい」をクリックします。

 以上で、税務署へ提出していただく法定調書データが作成できました。