生命保険料控除 第一表14第二表14

控除の概要

新(旧)生命保険や介護医療保険、新(旧)個人年金保険について、あなたが支払った保険料(いわゆる契約者配当金を除く)がある場合の控除

  1. ※1 保険契約等において保険金の受取人の全てが保険料を支払った方やその配偶者、親族(新(旧)個人年金については、親族を除きます。)とされているものが対象となります。
  2. ※2 平成24年1月1日以後に締結した保険契約等に係る保険料(新生命保険料、介護医療保険料、新個人年金保険料)と平成23年12月31日以前に締結した保険契約等に係る保険料(旧生命保険料、旧個人年金保険料)は、生命保険料控除の控除額の計算方法が異なります。

計算欄

・平成23年12月31日以前に締結した保険契約等に基づく保険料

  旧生命保険料   旧個人年金保険料  
支払った保険料 (合計) A (合計) B
ABの金額 控除額   控除額  
〜25,000円 Aの金額 C Bの金額 D
25,001円〜50,000円 A×0.5+12,500円 B×0.5+12,500円
50,001円〜 A×0.25+25,000円(最高5万円) B×0.25+25,000円(最高5万円)

・平成24年1月1日以後に締結した保険契約等に基づく保険料

  新生命保険料   新個人年金保険料   介護医療保険料  
支払った保険料 (合計) E (合計) F (合計) G
EFGの金額 控除額   控除額   控除額  
〜20,000円 Eの金額 H Fの金額 I Gの金額 J
20,001円〜40,000円 E×0.5+10,000円 F×0.5+10,000円 G×0.5+10,000円
40,001円〜 E×0.25+20,000円(最高4万円) F×0.25+20,000円(最高4万円) G×0.25+20,000円(最高4万円)
合計 CH (最高4万円) K DI (最高4万円) L J (最高4万円) M
Cのみについて適用を受ける場合は、最高5万円)※ Dのみについて適用を受ける場合は、最高5万円)※
  1. ※1 K又はLの計算において、新生命保険料及び旧生命保険料の両方又は新個人年金保険料及び旧個人年金保険料の両方を支払っている場合で、その両方について生命保険料控除の適用を受けるときは、それぞれ4万円が適用限度額となりますが、例えばKの計算において、新生命保険料10万円、旧生命保険料15万円を支払った場合のように、旧生命保険料のみについて生命保険料控除の適用を受ける場合の控除額(5万円)が新旧両方の生命保険料について生命保険料控除の適用を受ける場合の控除額(4万円)よりも有利になる場合には、旧生命保険料のみについて生命保険料控除の適用を受けることにより、5万円を限度に生命保険料控除を受けることができます。新個人年金保険料と旧個人年金保険料の場合も同様です。
     なお、この場合であっても、KLMの金額の合計額は12万円が限度となります。
  2. ※2 控除額の計算において算出した金額に1円未満の端数があるときは、その端数を切り上げて差し支えありません。

生命保険料控除額

生命保険料控除額
(KLM)
(最高12万円)
N

設例1

支払った新生命保険料E204,000


  1. 1E204,000円×0.25+20,000円=71,000
  2. 271,000円>40,000円→H40,000円(KN
  3. 生命保険料控除額は、40,000円になります。
第一表 第一表 生命保険料控除の記入例の図

第二表 第二表 生命保険料控除の記入例の図

設例2

  1. 支払った旧生命保険料A24,000
  2. 支払った旧個人年金保険料B102,000
  3. 支払った新生命保険料E37,000
  4. 支払った新個人年金保険料F:なし
  5. 支払った介護医療保険料G82,000
  6. 1A24,000円<25,000円→C24,000
  7. 2B102,000円×0.25+25,000円=50,500円>50,000円→D50,000
  8. 3E37,000円×0.5+10,000円=H28,500
  9. 4G82,000円×0.25+20,000円=40,500円>40,000円→J40,000円(M
  10. 5C24,000円+H28,500円=52,500円>40,000円→K40,000
  11. 6D50,000円、Iなし→L50,000
  12. 7K40,000円+L50,000円+M40,000円=130,000円>120,000円→N120,000
  13. 生命保険料控除額は、120,000円になります。
第一表 第一表 生命保険料控除の記入例の図

第二表 第二表 生命保険料控除の記入例の図

申告書の書き方

第一表

計算欄Nの金額を14に転記します。


第二表
  • 14生命保険料控除」欄のそれぞれの区分に応じ、計算欄ABEFGの金額をそれぞれ転記します。
  • ※給与所得者が、既に年末調整でこの控除を受けた金額を記入する場合は、「源泉徴収票のとおり」と記入します。

添付又は提示する書類

●支払額などの証明書(旧生命保険料に係るもので1契約9千円以下のものを除きます。)

  1. ※1 新(旧)生命保険料、新(旧)個人年金保険料、介護医療保険料の区分は、生命保険会社等が発行する証明書に表示されています。
  2. ※2 給与所得者が、既に年末調整でこの控除を受けている場合は、添付又は提示は不要です。

※ e-Taxで確定申告書を提出する方は、一定の書類について提出又は提示に代えて、その記載内容を入力して送信することができます。
 この場合、税務署長は原則として法定申告期限から5年間、その入力内容の確認のためにこれらの書類の提出又は提示を求めることができ、これに応じない場合には、確定申告書の提出に当たってこれらの書類の提出又は提示をしたことにはならないものとされます。