給与所得 第一表カ6

所得の概要

俸給、給料、賃金、賞与、歳費やこれらの性質を持っている給与に係る所得

※ 給与所得者が各年において特定支出(1通勤費、2転居費(転任に伴うもの)、3研修費、4資格取得費(人の資格を取得するための費用)、5帰宅旅費(単身赴任に伴うもの)及び6勤務必要経費をいいます。)をした場合において、その年中の特定支出の額の合計額が一定額を超えるときは、特定支出控除の適用を受けることができます。詳しくは、『給与所得者の特定支出控除について』を参照してください。

計算欄

給与等の収入金額(税込み) (合計)

A
Aの金額 給与所得の金額  
〜650,999円

0円

C
651,000円〜1,618,999円 A−650,000円

1,619,000円〜1,619,999円

969,000円

1,620,000円〜1,621,999円

970,000円

1,622,000円〜1,623,999円

972,000円

1,624,000円〜1,627,999円

974,000円

1,628,000円〜1,799,999円

A÷4

(千円未満の端数切捨て)

,000円

B B×2.4

1,800,000円〜3,599,999円

A÷4

(千円未満の端数切捨て)

,000円

B×2.8−180,000円

3,600,000円〜6,599,999円

A÷4

(千円未満の端数切捨て)

,000円

B×3.2−540,000円

6,600,000円〜9,999,999円 A×0.9−1,200,000円

10,000,000円〜14,999,999円 A×0.95−1,700,000円

15,000,000円〜 A−2,450,000円

設例

給与等の収入金額A1,920,500

※ 給与等を2か所以上から受けている場合には、給与等の収入金額の合計額を計算欄Aに記入し、給与所得の金額を計算します。

  1. 1A1,920,500円÷4=480,125円→B480,000円(千円未満の端数切捨て)
  2. 2B480,000円×2.8−180,000円=C1,164,000

給与所得の金額は、1,164,000円です。

第一表 第一表 給与所得の記入例の図

第二表 第二表 給与所得の記入例の図

申告書の書き方

第一表

計算欄Aの金額をカに、計算欄Cの金額を6に転記します。

※1 給与等の収入金額が年末調整を受けたものだけである場合、「給与所得の源泉徴収票」の「支払金額」をカに、「給与所得控除後の金額」を6に転記します。

※2 「区分」は、給与所得者の特定支出控除を受ける場合のみ記入します。詳しくは、「給与所得者の特定支出に関する明細書」を参照してください。


第二表

「所得の内訳(所得税及び復興特別所得税の源泉徴収税額)」欄に該当事項を記入します。

添付書類

給与等の支払者から受領した、給与所得の源泉徴収票(原本)

  • ※ e-Taxで確定申告書を提出する方は、一定の書類について提出又は提示に代えて、その記載内容を入力して送信することができます。
     この場合、税務署長は原則として法定申告期限から5年間、その入力内容の確認のためにこれらの書類の提出又は提示を求めることができ、これに応じない場合には、確定申告書の提出に当たってこれらの書類の提出又は提示をしたことにはならないものとされます。
  • ※ e-Taxで確定申告書を提出する方は、給与支払者(交付者)から電磁的方法により交付を受ける「給与所得の源泉徴収票」をその添付書類としてオンライン送信することができます(国税庁が定める一定のデータ形式で作成され、かつ、源泉徴収義務者等の電子署名が付されたものが対象となります。)。
     e-Taxで確定申告書を提出する場合以外は、給与支払者(交付者)から、書面により給与所得の源泉徴収票の交付を受けた上で、確定申告書に添付してください。