申告書の記載例

下記の申告書の項目をクリックすると各項目のページをご覧になれます。

  • ◎ この手引きの各項目における記載例は、原則としてこの「申告書の記載例」を使用しています。
  • ◎ 申告書は複写式になっています。
    申告書第一表と第二表を折りたたんだまま記入せず、広げるか、中央のミシン線で切り離してから記入します。
  • ◎ 申告書は、ボールペンで、強く記入します。
    ※この手引きでは、記入した部分を便宜上青色で印刷しています。
  • ◎ 申告書の該当する箇所は必ず記入します。
  • ◎ 2枚目は複写式の控えになっていますが、取り外して使用しても差し支えありません。
    申告書を提出するときは、2枚目は取り外してください。

● マス目に数字を記入する場合は、記入例1にならって、マス目の中にていねいに記入してください。

数字記入例1の図

● 1億円以上の金額がある場合は、記入例2にならって記入してください。

数字記入例2の図

● 訂正する場合は、記入例3にならって、訂正する文字を二重線で抹消し、上の欄などの余白に適宜記入してください。

数字記入例3の図

※申告書の項目をクリックすると各項目のページがご覧になれます。
第一表 平成27年分の所得税の確定申告書Bの記載例の図 手順4の図 手順3の図 手順3の図 手順3の図 手順3の図 手順3の図 手順3の図 手順3の図 手順3の図 手順3の図 手順3の図 手順3の図 手順3の図 手順3の図 手順3の図 手順1の図 手順2の図 手順3の図 手順4の図 手順5の図 手順5の図 手順1の図 手順2の図 手順2の図 手順2の図 手順2の図 手順2の図 手順2の図 手順2の図 手順2の図 手順2の図 手順2の図 手順2の図 手順2の図 手順2の図 手順2の図 手順2の図 手順3の図 手順4の図 社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)の導入について 手順4の図 手順4の図 手順4の図 手順4の図 手順4の図 手順4の図 手順4の図 手順4の図 手順4の図 手順4の図 手順4の図 手順4の図 手順4の図 手順4の図 手順5の図 手順5の図 手順5の図 手順2の図 手順2の図

※申告書の項目をクリックすると各項目のページがご覧になれます。

第二表 平成27年分の所得税の確定申告書Bの記載例の図 手順4の図手順6の図手順1の図 手順3の図 手順3の図 手順3の図 手順2の図 手順2の図 手順2の図 手順2の図 手順6の図 手順4の図 手順2の図 手順3の図 手順3の図 手順2の図 7ページへのリンク 手順2の図 手順4の図 手順3の図 手順3の図 手順3の図 手順3の図 手順3の図 手順2の図 手順6の図 手順6の図 手順3の図 手順1の図 手順2の図 手順3の図 手順6の図 手順3の図 手順3の図 手順6の図 社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)の導入について

※ 「所得の内訳(所得税及び復興特別所得税の源泉徴収税額)」欄で、所得の種類が数多くあるときなど書ききれないときは、『所得の内訳書』を利用してください。
 このほか第二表の各欄で書ききれないときは、欄を分割して記入してください。

※ こちらのページでは、このほかの記載例も提供しています。

  • 不動産所得が赤字で給与所得がある場合
  • 総合短期譲渡所得がある場合
  • 本年分で差し引く繰越損失額がある場合
  • 死亡した人の準確定申告をする場合
  • 申告分離課税を選択した上場株式等の配当等に係る配当所得がある場合
  • 給与所得のほかに退職所得がある場合 ほか