平成24年分 所得税の確定申告の手引き 確定申告書Aのイメージイラスト

  • ●平成25年から平成49年までの各年分については、復興特別所得税を所得税と併せて申告・納付することとされています。
  • ●確定申告書Aは、申告する所得が給与所得や公的年金等・その他の雑所得、総合課税の配当所得、一時所得だけの方が使用できます(所得税及び復興特別所得税の予定納税額のある方は、確定申告書Bを使用します。)。
  • ●この手引きは、一般的な事項を説明しています。
    申告や納税についてお分かりにならない点がありましたら、最寄りの税務署におたずねください。
  • 申告書付表計算書、明細書及び説明書は国税庁ホームページからダウンロードできます。
    なお、税務署にも用意しています。
  • ●平成26年分の所得税及び復興特別所得税の確定申告の相談及び申告書の受付は、平成27年2月16日(月)から同年3月16日(月)までです(→申告手続の流れ)。
  • ●平成26年分の所得税及び復興特別所得税の確定申告分の納期限は、平成27年3月16日(月)です。振替納税をご利用の方は、平成27年4月20日(月)が振替日です。
  • ●平成26年分の所得税及び復興特別所得税の確定申告から適用される主な改正事項はこちらをご覧ください。
  • ●「確定申告書等作成コーナー」では、画面の案内に従って金額等を入力すれば、税額などが自動計算され、所得税及び復興特別所得税、消費税及び地方消費税の確定申告書や青色申告決算書などを作成できます。
    また、作成したデータは、「e-Tax(電子申告)」を利用して提出できます。

目次

1 申告や納税について知っておきたいこと

2 申告手続の流れ

3 申告書の書き方

手順1住所、氏名などを記入する

手順2収入金額等、所得金額を計算する

手順3所得から差し引かれる金額(所得控除)を計算する

手順4税金の計算をする

手順5その他、延納の届出、還付される税金の受取場所を記入する

手順6住民税に関する事項(申告書第二表)を記入する

4 申告書に添付・提示する書類

5 振替納税の新規(変更)申込み

6 下書き用申告書