令和3年分確定申告(令和4年1月上旬〜)からマイナンバーカードやスマートフォンを利用した申告がさらに便利になります!

国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」では、画面の案内に沿って金額等を入力するだけで、所得税、消費税及び贈与税の申告書や青色申告決算書・収支内訳書等の作成・e-Taxによる送信(提出)・印刷ができます。
また、自動計算されるので計算誤りがありません。
以下は、令和3年分確定申告(令和4年1月上旬〜)から確定申告書等作成コーナーでサービス開始予定の内容です。

マイナポータル連携による申告書の自動入力対象が拡大!

ふるさと納税、地震保険料及び医療費もマイナポータル連携の対象になります。
情報をまとめて取得して、申告書に自動入力することができます。詳しくはこちら(PDF/1,807KB) マイナポ
※マイナポータル連携をご利用になるには、マイナンバーカードとマイナンバーカード読取対応のスマホ(又はICカードリーダライタ)が必要です。スマホでご利用できます。
※医療費について、令和3年分の確定申告では、令和3年9月〜12月分の医療費通知情報(保険診療分)が令和4年2月上旬にマイナポータルから取得可能となる予定です(令和4年分以降は1年間を通した医療費通知情報(保険診療分)が取得可能となる予定です。)。

 マイナポータル連携の詳細については、マイナポータル連携特設ページをご覧ください。

〜パソコンで申告書を作成される方へ〜
パソコンとスマホでe-Tax!(ICカードリーダライタは不要)

パソコンで申告書を作成される方も、スマホのアプリ(マイナポータルアプリ)でパソコン上に表示された2次元バーコード(QRコード)を読み取れば、ICカードリーダライタを使用せず、マイナンバーカード方式によるe-Tax送信ができるようになります。
また、この方法では、今までお問い合わせの多かったパソコンでの事前の設定(事前準備セットアップ)が不要となります。
※QRコードは株式会社デンソーウェーブの商標または商標登録です。
※マイナンバーカード読取対応のスマホが利用可能です。

脱アプリ

脱アプリ

スマホのカメラで「給与所得の源泉徴収票」を自動入力!

スマホのカメラで給与所得の源泉徴収票を撮影することで、その記載内容を直接入力しなくても、確定申告書等作成コーナーの該当項目に自動入力することができます。

簡便化

スマホ申告の対象範囲が増えます!

特定口座年間取引報告書(上場株式等の譲渡所得等・配当所得等)、上場株式等の譲渡損失額(前年繰越分)及び外国税額控除がスマホの画面の大きさに適したレイアウトで表示され、入力しやすくなります。

簡便化

e-Taxをさらに便利に!

1マイナポータル連携をする場合のマイナンバーカードの読取回数を削減します!

簡便化

2画面表示などを分かりやすくします!

簡便化

 

参考情報

申告書の作成・送信は国税庁ホームページから(令和3年9月)(PDF/1,797KB)

ネットでe-Taxスマートフォンから!(令和3年9月)(PDF/4,180KB)

確定申告×マイナポータル 令和3年分確定申告からさらに広がる自動入力!(令和3年9月)(PDF/1,807KB)

株式・配当の特定口座での取引を確定申告される方へ(令和3年10月)(PDF/1,027KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobeのダウンロードサイトからダウンロードしてください。