作成手順

1.ファイルのダウンロード

「提出用データ作成ファイル」(EXCEL/2,035KB)をダウンロードします。

※開いた後、画面上部に「セキュリティの警告」が表示された場合は、「オプション」から「このコンテンツを有効にする」を選択してください。

画像 提出用データ作成ファイル セキュリティの警告が表示された場合の設定方法

2.画面イメージ

ダウンロードしたファイルを開くと「源泉徴収義務者用」と「給与所得者用」の2枚のシートがあります。

民間給与実態統計調査票(源泉徴収義務者用)

画面イメージ 民間給与実態統計調査票(源泉徴収義務者用)

民間給与実態統計調査票(給与所得者用)

画面イメージ 民間給与実態統計調査票(給与所得者用)

ページの先頭へ戻る

3.「光ディスク等提出用 記載事項ファイル」の作成

「光ディスク等提出用 記載事項ファイル」(EXCEL/13KB)をダウンロードします。

ファイル内の各項目を入力して、提出する光ディスク等に保存してください。

なお、ファイル名は「●●.xlsx」(●●は事業所名)としてください。

4.「民間給与実態統計調査票(源泉徴収義務者用)」データの作成

(1)データの入力

画像 民間給与実態統計調査票(源泉徴収義務者用)データの入力

(2)データの保存

画像 民間給与実態統計調査票(源泉徴収義務者用)データの保存

(3)提出用ファイルの完成

ファイル名「Gdat01.txt」のテキストファイルが作成されれば、民間給与実態統計調査票(源泉徴収義務者用)のデータは完成です。

※「データ保存」ボタンをクリックすると、給与所得者用データも併せて作成されますので、「データ保存」ボタンは民間給与実態統計調査票(給与所得者用)の入力が終了してからクリックしてください。

ページの先頭へ戻る

5.「民間給与実態統計調査票(給与所得者用)」データの作成

(1)データの入力

入力されるデータの内容により、入力が不適当なセルには色が着きます。

また、エラーとなった項目は、データ作成時に入力チェック欄(AK列)でエラーメッセージ、チェック結果表示欄(AM〜BS列)でNG表示がされます。

画像 データの入力が不適当な場合の表示

(全体イメージ)

画像 民間給与実態統計調査票(給与所得者用)全体イメージ 民間給与実態統計調査票(給与所得者用)その1 民間給与実態統計調査票(給与所得者用)その2

その1

画像 民間給与実態統計調査票(給与所得者用)その1

その2

画像 民間給与実態統計調査票(給与所得者用)その2

ページの先頭へ戻る

(2)データの保存

画像 民間給与実態統計調査票(給与所得者用)データの保存

(3)提出用ファイルの完成

ファイル名「Kdat01.txt」のテキストファイルが作成されれば、民間給与実態統計調査票(給与所得者用)のデータは完成です。

※「データ保存」ボタンをクリックすると、源泉徴収義務者用データも併せて作成されますので、「データ保存」ボタンは民間給与実態統計調査票(源泉徴収義務者用)の入力が終了してからクリックしてください。

※データが多く、複数のファイルを作成される場合には、ファイル名「Kdat01.txt」の「01」の箇所を「02」、「03」、・・・と修正して作成してください。

ページの先頭へ戻る

6.提出用光ディスク等の作成、提出

丸1作成した「提出用ファイル」及び「光ディスク等提出用 記載事項ファイル」を光ディスク等に格納してください。

光ディスク等(CD・DVD・FD・MO)ドライブのイメージ

丸2次の要領で、光ディスク等にラベルを貼付等して、民間給与実態統計調査票(源泉徴収義務者用)を未記入のまま返信用封筒に同封の上、提出してください。

  • ・磁気ディスク(FD・MO)の場合・・・以下の事項を記載したラベルを貼付してください。
  • ・光ディスク(CD・DVD)の場合・・・以下の事項を油性ペン等で表面に記入してください。

(光ディスク等の記載事項)

  • (1)名称又は氏名
  • (2)民間給与実態統計調査票(源泉徴収義務者用)または、ログイン情報通知書の右上に記載された調査対象者IDの数値(13桁)

(イメージ)

画像 光ディスク等の記載事項 イメージ

(注)提出していただいた光ディスク等は返却できませんので、ご了承ください。