テーマ 「税を考える週間」くらしを支える税
広報対象 国民各層
ポイント 税の役割や適正・公平な課税と徴収の実現に向けた庁局署の取組について紹介する。

〜「税を考える週間」とは〜令和3年11月11日(木)〜17日(水)

 国税庁では、国民の皆様に租税の意義や役割、税務行政に対する知識と理解を深めていただくため、1年を通じて租税に関する啓発活動を行っていますが、毎年11月11日から17日を「税を考える週間」として、集中的に様々な広報広聴施策を実施しています。

1 国税庁ホームページによる広報

 「税を考える週間」の実施に合わせて、国税庁ホームページ内に「くらしを支える税」をテーマとした特設ページを設け、国税庁の各種取組についてご紹介します。

  • ・ 国税庁の取組などを分かりやすく最新のデータで紹介します。
  • ・ 調査や徴収などの業務をドラマ仕立てで紹介します。
  • ・ 国税庁の1年間の活動やその年のトピックについて、統計資料などを交えながら説明します。

2 SNSを利用した広報

 「税を考える週間」の実施に合わせて、YouTubeの「国税庁動画チャンネル」や国税庁ホームページのインターネット番組「Web-TAX-TV」の新着情報などの各種情報をツイッターで発信します。

3 講演会の実施や関係民間団体等との連携

 新型コロナウイルス感染防止策を徹底しつつ、オンライン等を活用し、次の取組を実施します。

  • ・ 社会人、大学生や専修学校生等を対象とした講演会や説明会を実施します。
  •  
  • ・ 関係民間団体・地方公共団体等と連携して、各種イベントを全国各地で実施します。
  •  

国税庁のデジタル化への取組

  • 年末調整は、アプリ「年調ソフト」で自動計算ができます。
     年末調整手続きを、「年調ソフト」で電子化することにより、勤務先・従業員双方の年末調整に係る事務負担を軽減することができます。
     詳しくは、国税庁ホームページ「年末調整手続の電子化に向けた取組について」(https://www.nta.go.jp/users/gensen/nenmatsu/nencho.htm)をご覧ください。
  • 確定申告は、スマートフォンで作成・提出ができます。
     スマートフォンのカメラ機能を利用して給与所得の源泉徴収票の読取りができるようになります。(令和4年1月対応予定)
     スマートフォンから譲渡所得や配当所得のうち、特定口座年間取引報告書の入力ができるようになります。(令和4年1月対応予定)
  • 税の納付は、キャッシュレスでらくらく決済できます。
     ダイレクト納付、インターネットバンキングなどを利用した電子納税のほか、クレジットカード納付や振替納税によりキャッシュレス納付が可能です。
     詳しくは、国税庁ホームページ「国税の納付手続(納期限・振替日・納付方法)」(https://www.nta.go.jp/taxes/nozei/nofu/01.htm)をご覧ください。
  • 税の疑問は、チャットボットですぐに相談できます。
     税に関する疑問をフリーワードなどで入力すると、自動で回答を表示します。
     税務相談チャットボットは、国税庁ホームページで公開中です。(所得税の確定申告については、令和4年1月上旬公開予定)
     詳しくは、国税庁ホームページ「チャットボット(ふたば)に質問する」
    https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/chatbot/index.htm)をご覧ください。