テーマ 国税庁チャットボットの運用開始について
広報対象 納税者
ポイント 国税の新しい相談チャネルとして、チャットボットの運用を始める。

チャットボットによる税務相談を始めます

令和3年1月中旬から、所得税の確定申告に関する税務相談の新しいチャネルとして、国税庁ホームページにおいて、「チャットボット」の運用を開始します。

チャットボットとは?

 チャットボットとは、「チャット」と「ロボット」を組み合わせた言葉で、利用者の知りたい情報について、メニューから選択するか、文字で入力すると、AIを活用して自動で回答を表示するウェブサービスをいいます。
 チャットボットの導入により、税に関する疑問について、電話での相談に比べてより気軽に質問をしたり、国税庁ホームページに掲載している税の情報により短時間でアクセスすることができます。

どんなことが相談できるの?

 所得税の確定申告に関する質問のうち、「医療費控除」や「住宅ローン控除」など特にお問い合わせの多い各種控除に関する質問はもちろん、株式や配当金に関する質問などもご相談いただくことができます。詳しい相談範囲については、国税庁ホームページをご覧ください。
 今後、相談事例の蓄積や、AIの学習を繰り返しながら、相談範囲を更に拡大していく予定です。

どうすればチャットボットに相談できるの?

 スマートフォン又はパソコンから、国税庁ホームページのチャットボットにアクセスしていただくと、ウェブ上でチャットボットに相談することができます。

もっといろいろなことをチャットボットに相談できるようにしてほしい!

 多くの皆様にチャットボットを使って様々な質問をしていただき、その感想などをチャットボットに表示されるアンケートに入力していただくことによって、事例の蓄積やAIの学習が進んでいきますので、ぜひチャットボットのご利用とアンケートへのご協力をお願いします。

− 税に関する情報は国税庁ホームページへアクセス https://www.nta.go.jp −