平成19年10月
国税庁

〜法人税の課税事績のうち連結法人分〜

表1

連結法人数の状況
区分 平成18年6月30日現在 平成19年6月30日現在
項目 件数 前年対比 件数 前年対比

 

連結法人数

 

1

 

法人

 

6,676

110.4

 

7,187

107.7

 
親法人数
2 法人 629 117.1 724 115.1
子法人数
3 法人 6,047 109.7 6,463 106.9

表2

連結法人の申告の状況
事務年度 17 18
項目 件数等 前年対比 件数等 前年対比
連結申告の状況
申告件数
1

 

467

141.1

 

581

124.4

申告割合
2 %

 

99.8

ポイント

−0.2

 

99.5

ポイント

−0.3

黒字申告割合
3 %

 

37.9

ポイント

12.8

 

41.5

ポイント

3.6

申告所得金額
4 億円

 

18,481

648.9

 

33,791

182.8

黒字申告1件
当たりの所得金額
5 百万円

 

10,382

302.5

 

14,021

135.1

申告欠損金額
6 億円

 

9,193

128.9

 

13,498

146.8

赤字申告1件
当たりの欠損金額
7 百万円

 

3,137

109.1

 

3,958

126.2

内 添付された個別帰属額
届出書の状況
連結親法人・連結子法人の
届出件数
8

 

5,396

142.9

 

6,164

114.2

 
黒字分
9

 

3,564

140.5

 

3,950

110.8

赤字分
10

 

1,832

147.7

 

2,214

120.9

個別所得金額
11 億円

 

30,774

227.9

 

49,171

159.8

(注)申告件数は、連結親法人数である。

表3

連結法人の実地調査の状況
事務年度 17 18
項目 件数等 前年対比 件数等 前年対比
実地調査件数
1

 

64

73.6

 

80

125.0

更正・決定等の件数
2

 

58

70.7

 

76

131.0

同上のうち
不正計算のあった件数
3

 

27

117.4

 

28

103.7

申告漏れ所得金額
4 百万円

 

92,256

279.7

 

50,778

55.0

同上のうち
不正脱漏所得金額
5 百万円

 

5,677

178.1

 

6,431

113.3

調査による追徴税額
6 百万円

 

4,853

474.9

 

13,658

281.4

同上のうち加算税額
7 百万円

 

597

459.2

 

1,619

271.2

分析
不正発見割合(3/1)
8 %

 

42.2

ポイント

15.8

 

35.0

ポイント

−7.2

調査1件当たりの
申告漏れ所得金額(4/1)
9 百万円

 

1,441

379.2

 

635

44.1

不正申告1件当たりの
不正脱漏所得金額(5/3)
10 百万円

 

210

150.0

 

230

109.5

(注)実地調査件数は、実地調査を実施した連結親法人数である。