令和3年12月2日更新

(概要)

※本措置については、「水際対策強化に係る新たな措置(20)」に基づき、申請の受付及び審査が令和3年12月31日まで停止となります。

以下、「水際対策強化に係る新たな措置(20)」より抜粋
2.外国人の新規入国停止
「水際対策強化に係る新たな措置(19)」(令和3年11月5日)(以下「措置(19)」という。)2.に基づく、外国人の新規入国に係る、受入責任者から業所管省庁への申請の受付及び当該業所管省庁の帰国・入国前の事前の審査を、本年12月31日までの間停止し、業所管省庁から受入責任者に対する新たな審査済証の交付を行わないこととする。本年11月30日以降、本年12月31日までの間、この仕組みによる外国人の新規入国を拒否する。

3.有効なワクチン接種証明保持者に対する行動制限緩和措置の見直し
(1)「措置(19)」1.に基づく、有効なワクチン接種証明保持者の特定行動に係る、受入責任者から業所管省庁への申請の受付及び当該業所管省庁の帰国・入国前の事前の審査を、本年12月31日までの間停止し、業所管省庁から受入責任者に対する審査済証の交付を行わないこととする。

<参考:水際対策強化に係る新たな措置(19)について>

水際対策強化に係る新たな措置(19)(以下「新たな措置」といいます。)に基づき、受入責任者(入国者を雇用する又は入国者を事業・興行のために招聘する企業・団体等)が業所管省庁(当該企業・団体等を所管する省庁)から事前に審査を受け、受入責任者が行動管理等に責任を持つことを前提に、「入国・帰国後14日間の自宅等待機期間内の行動制限の緩和措置」及び「外国人の新規入国制限の緩和措置」が実施されることとなりました。
 国税庁においては、酒類事業者及び酒類業界団体等、税理士法人及び税理士会等の受入責任者から、新たな措置の事前審査を受け付けています。

実施要領、制度概要、Q&A等

 実施要領や制度概要資料、Q&A等につきましては、厚生労働省ホームページより御確認ください。

申請について

○ 上記のとおり、現在、「水際対策強化に係る新たな措置(20)」に基づき、申請の受付及び審査を令和3年12月31日まで停止しています。最新の情報については、厚生労働省ホームページを御確認ください。

問い合わせ窓口について

○ 「新たな措置」の内容や申請の仕組みなどの一般的な照会については、「水際対策強化に係る新たな措置(19)コールセンター」までお問い合わせください。

  • 水際対策強化に係る新たな措置(19)コールセンター
    電話番号:0120-220-027
    0120-248-668
    050-1751-2158
    受付時間:9時から21時まで(土日含む)

○ 酒類事業者及び酒類業界団体等、税理士法人及び税理士会等からの照会については、以下の問い合わせ窓口において受け付けています。

  • 国税庁長官官房総務課審査企画係
    電話番号:03-3581-4161(内線3445、3322)
    受付時間:9時30分から18時まで(土日祝除く)