平成22年4月
国税庁法人課税課

1 仕様公開の目的

 税務署では、事務処理の効率化の観点から、法人税及び法人消費税の確定申告書、事業概況説明書(以下「申告書等」といいます。)を書面により提出いただく場合、OCR処理を前提とした様式により提出していただくこととしております。
 市販の会計ソフトウェア等を用いて書面の申告書等を作成・提出いただく場合、定型の様式(規格)に準拠していないとOCR処理ができないことが想定されます。
 そこで、国税庁では、平成22年4月1日以後に終了する事業年度(課税期間)分の申告書等について、市販の会計ソフトウェア等で作成した後、モノクロプリンタで出力し、書面で提出する場合にもOCR処理できるよう、申告書等の様式の仕様を公開することとしました。
 この仕様に基づいて申告書等を作成していただくことにより、税務署においてOCR処理を始めとする事務処理をさらに円滑に行うことができ、納税者の皆様の利便にも資するものと考えておりますので、仕様に基づいた申告書等の様式の開発にご協力いただくようお願いいたします。

2 配付方法

申込みされた方に仕様書を送付いたします。
(注) 平成22年4月の税制改正による様式改訂を取り込みました。

【申込先】
 国税庁法人課税課監理第三係
 03−3581−4161(代)