国税庁では、ウェブサイトにおいて提供する情報を誰もが支障なく利用いただけるよう、「JIS X 8341-3:2016」及び「みんなの公共サイト運用ガイドライン」に基づき、ウェブサイトを管理運営いたします。

[参考]

1 「ウェブアクセシビリティ」とは、高齢者や障害者を含めて、誰もがホームページ等で提供される情報や機能を支障なく利用できることを意味します。

2 「JIS X 8341-3:2016」とは、日本工業規格JIS X 8341-3:2016「高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器、ソフトウェア及びサービス-第3部:ウェブコンテンツ」のことをいいます。

3 「みんなの公共サイト運用ガイドライン」とは、国及び地方公共団体等の公的機関のウェブアクセシビリティ対応を支援するために総務省が作成したガイドラインのことをいいます。

1 対象範囲

以下のウェブサイトを国税庁ウェブアクセシビリティ方針(以下「当方針」といいます。)の対象とします。

なお、国税庁法人番号公表サイト(https://www.houjin-bangou.nta.go.jp/)は、別途「国税庁法人番号公表サイトウェブアクセシビリティ方針」を定めているため、当方針の対象から除いています。

2 目標とする適合レベル

JIS X 8341-3:2016の適合レベルAAに準拠することを目標とします。

[参考]

JIS X 8341-3:2016では、適合の対応度として、A、AA、AAAの3つのレベルを規定しています。

情報通信アクセス協議会・ウェブアクセシビリティ基盤委員会(WAIC)が、JIS X 8341-3:2016への対応度を表記するための方法として定めている「ウェブコンテンツのJIS X 8341-3:2016対応度表記ガイドライン2016年3月版(別ウィンドウで開きます)」によると、レベルA及びレベルAAの達成基準を全て満たせた場合に「適合レベルAAに準拠」と表記することとされています。

3 例外事項

以下については、修正対応が困難であるため、目標の対象外とし、可能な範囲でウェブアクセシビリティへの対応を行います。

  • 修正データがない(修正できない)コンテンツが掲載されているウェブページ
  • 外部から提供されたコンテンツが掲載されているウェブページ
  • 税額等の計算、申告書等の送信や印刷等を行うための動的コンテンツが含まれているウェブページ
  • PDFファイル、表計算ソフトウェアで作成したデータファイル(例:Microsoft Excel)及び文書作成ソフトで作成したデータファイル(例:Microsoft Word)

なお、PDFファイルについては、可能な限りHTMLページを別に用意することとします。

4 これまでの取組

平成25年3月にJIS X 8341-3:2010に準拠したウェブアクセシビリティ方針を策定・公開しました。

また、随時、JIS X 8341-3に基づいた試験を実施し、目標の達成に向けて取り組んでいます。

平成30年度に実施した試験において検証したページでは、おおむね適合状態とすることができています(個別の状況については、試験結果をご覧ください。)

今後も定期的に検証を実施することで、より多くのページがレベルAAに準拠したものとなるよう継続して改善に取り組みます。

5 試験結果

6 現時点で把握している問題点及び今後の対応に関する考え方

平成30年度に実施した試験において、e-Taxホームページ及び公売情報の一部のページで、上記試験結果のとおり問題があることを確認しています。

これらのページについては、順次修正に取り組むとともに、今後も定期的な検証を実施し、ウェブアクセシビリティの維持・向上に努めます。

7 連絡先

国税庁 長官官房 総務課 広報広聴室 広聴係(電話03-3581-4161 内線3405)

Get ADOBE READER(別ウィンドウ)(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobeのダウンロードサイト(別ウィンドウ)からダウンロードしてください。