目的

 清酒の品質評価等を通じて、管内清酒製造者の技術基盤の強化を図り、酒造技術の進歩・発展を促すとともに、市販清酒の品質向上と管内酒類業の発達に資することを目的としています。

開催日及び場所

開催日及び場所
  開催日 場所
品質評価  令和3年10月 6日(水)
8日(金)
高松国税局鑑定官室
高松市天神前2−10
製造技術研究会 令和3年11月5日(金)
9時45分から13時30分
同上
表彰式 令和3年11月5日(金)
13時30分から14時
高松国税局 第一会議室

(注)今後、新型コロナウイルス感染症の感染拡大状況、政府や地方自治体からの要請等に応じて、本鑑評会を延期又は中止する場合があります。

品質評価と公開

品質評価と公開
  実施方法等
品質評価 ・清酒製造関係者をはじめ県工業技術センター職員、国税局の鑑定官など清酒に造詣の深い者が品質評価に当たります。
製造技術研究会 ・清酒の製造、流通及びその他関係者に出品酒全点を公開します。

出品酒

 高松国税局管内の清酒製造者が製造した次の清酒

出品酒
出品酒 内容
吟醸酒 令和2酒造年度(令和2年7月1日から令和3年6月30日)に自己の製造場で製造した吟醸酒の規格(清酒の製法品質表示基準(平成元年国税庁告示第8号)に規定するもので、純米吟醸酒を含む。)を有する原酒であって、付香味をしていないもの。
燗酒 自己の製造場で製造した市販酒規格の清酒

出品関係書類について

 出品資格を有する者に別途郵送する「令和3年四国清酒鑑評会開催要領の送付について」をよくお読みの上、お申し込みください。
 なお、出品目録(別紙様式3及び別紙様式4)のファイルは以下のとおりです。