平成22年8月
高松国税局

国税収納 212億円の減収

1 概況

 平成21年度における四国の国税収納済額は9,042億円で、前年度(9,254億円)に比べ212億円(2.3%)の減収となった。

2 主要税目別の収納状況

(1) 源泉所得税
 収納済額は2,102億円で、前年度(2,251億円)に比べ149億円(6.6%)の減収となった。

(2) 申告所得税
 収納済額は496億円で、前年度(555億円)に比べ59億円(10.6%)の減収となった。

(3) 法人税
 収納済額は1,774億円で、前年度(1,816億円)に比べ42億円(2.3%)の減収となった。

(4) 消費税及び地方消費税
 収納済額は2,402億円で、前年度(2,437億円)に比べ35億円(1.4%)の減収となった。

(5) 主要税目の構成比
 主要税目について、収納済額全体に占める構成比の高いものから順にみていくと、第一位は消費税及び地方消費税26.6%、第二位は源泉所得税23.2%、第三位は法人税19.6%となっている。

平成21年度 国税収納状況(四国計)

(単位:百万円、%)

  収納済額 前年対比 税目別構成比
平成21年度 平成20年度 増減額 平成21年度 平成20年度
直接税 源泉所得税 210,206 225,076 △14,870 93.4 23.2 24.3
申告所得税 49,641 55,501 △5,860 89.4 5.5 6.0
法人税 177,415 181,605 △4,190 97.7 19.6 19.6
その他 28,897 28,774 122 100.4 3.2 3.1
小計 466,160 490,956 △24,797 94.9 51.6 53.1
間接税 消費税及び地方消費税 240,228 243,732 △3,504 98.6 26.6 26.3
酒税 18,924 19,614 △689 96.5 2.1 2.1
その他 178,908 171,086 7,822 104.6 19.8 18.5
小計 438,060 434,431 3,629 100.8 48.4 46.9
合計 904,220 925,387 △21,167 97.7 100.0 100.0

(注)

  • 1 直接税の「その他」欄は相続税を示し、間接税の「その他」欄は、たばこ税・たばこ税及びたばこ特別税・電源開発促進税・揮発油税及び地方道路税・揮発油税及び地方揮発油税・石油ガス税・自動車重量税・航空機燃料税・印紙収入を示す。
  • 2 「消費税及び地方消費税」欄は、消費税及び地方消費税と消費税の合計額である。
  • 3 表の計数は、単位未満を四捨五入しているので、表の内容と小計又は合計が一致しない場合がある。

税目別構成比

平成21年度の税目別の国税収納状況