平成22年10月
高松国税局

四国の消費数量、前年より3.1%減少

 平成21年度(平成21年4月〜平成22年3月)における四国の消費数量は、26万3,065キロリットル(1.8リットル瓶換算で1億4,615万本、ビール大瓶(633ミリリットル)換算で4億1,558万本)で、前年度(27万1,394キロリットル)に比べて8,329キロリットル、3.1%減少した。

県別では、徳島県は増加、香川県、愛媛県、高知県は減少
消費数量が多いのは、愛媛県、高知県、香川県、徳島県の順

 県別の消費数量では、徳島県が4万6,135キロリットル(前年度比4.3%増加)で前年度より増加したが、香川県の6万1,298キロリットル(前年度比2.5%減少)、愛媛県の9万2,532キロリットル(前年度比4.4%減少)、高知県の6万3,100キロリットル(前年度比6.6%減少)と3県では減少した。
 なお、消費数量が多い県は、愛媛県をトップに、高知県、香川県、徳島県の順となっている。

品目別では、スピリッツ及びリキュールの消費数量は前年に引き続き増加したが、清酒・ビール・発泡酒などは減少

 品目別の消費数量は、スピリッツが4,851キロリットル(前年度比28.8%増加)、リキュールは4万948キロリットル(前年度比21.5%増加)と前年に続き増加した。
 また、ウイスキー及びブランデーが1,912キロリットル(前年度比5.5%増加)と11年振りに増加した。
 これに対して、清酒は2万204キロリットル(前年度比4.7%減少)、しようちゆうは2万6,756キロリットル(前年度比0.7%減少)、ビ−ルは8万7,710キロリットル(前年度比6.5%減少)、発泡酒は4万3,361キロリットル(前年度比14.4%減少)、その他の醸造酒は2万8,266キロリットル(前年度比3.0%減少)と減少した。

成人一人当たりの消費数量は、高知県がトップ

 四国の成人一人当たりの消費数量は78.8リットルで、前年度に比べて2.3リットル減少した。
 主な品目別の消費数量は、清酒は6.1リットル(1.8リットル瓶換算 3.4本)、しようちゆうは8.0リットル(1.8リットル瓶換算 4.4本)、ビールは26.3リットル(大瓶(633ミリリットル)換算 41.5本)、果実酒及び甘味果実酒は1.1リットル(720ミリリットル瓶換算 1.5本)、ウイスキー及びブランデーは0.6リットル(750ミリリットル瓶換算0.8本)、発泡酒は13.0リットル(350ミリリットル缶換算 37.1缶)、その他の醸造酒は8.5リットル(350ミリリットル缶換算24.3缶)、リキュールは12.3 リットル(350ミリリットル缶換算 35.1缶)である。
 また、県別の成人一人当たりの消費数量は、高知県の97.9リットルをトップに、愛媛県の77.1リットル、香川県の73.8リットル、徳島県の69.8リットルの順となっている。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobeのダウンロードサイトからダウンロードしてください。