仙台国税局及び管内税務署では、確定申告期間中、申告書作成会場が非常に混雑することから、確定申告される方の利便性向上のため、ご自宅等からのICTを活用した申告の推進に取り組んでおります。
 つきましては、確定申告を予定している社員の皆様に対し、国税庁ホームページ「確定申告書等作成コーナー」を利用して確定申告書をご自宅等で作成し、e-Tax等により所轄税務署へ提出していただきますよう、次の配布用データをダウンロードし、社内LANなどを通じてお知らせください。
 また、確定申告に関する情報等も掲載しておりますので、併せてお知らせください。

【配布用データ】

「確定申告書は自宅で作成! e-Taxや郵送等で提出!!」
11 12
(表面) (裏面)

ダウンロードはこちらから!

なお、国税庁では、マイナンバーカードに標準的に搭載される電子証明書やマイナポータルの連携機能の活用などにより、個人納税者の方のe-Tax利用をより便利にするためのシステム改修を進めており、平成31年1月から以下の2つの方式がご利用いただける予定です。
 詳細については「e-Tax利用の簡便化の概要について」をご覧ください。

  1. (1) マイナンバーカード方式
     マイナンバーカードを用いてマイナポータル経由又はe-Taxホームページなどからe-Taxへログインするだけで、より簡単にe-Taxの利用を開始し、申告等データの送信ができるようになります。
  2. (2) ID・パスワード方式
     マイナンバーカード及びICカードリーダライタをお持ちでない方については、税務署職員との対面による本人確認に基づいて税務署長が通知した「ID・パスワード方式の届出完了通知」に記載されたe-Tax用のID・パスワードのみで、国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」からe-Taxによる送信ができるようになります(スマートフォンやタブレットからのe-Tax送信もできるようになります。)。
     なお、平成30年1月以降、申告書作成会場などで「ID・パスワード方式の届出完了通知」を受け取られた方は、既にID・パスワード方式に対応したIDをお持ちですので、お手元の申告書等の控えをご確認ください。

このID・パスワード方式の導入に伴い、税務署職員が、希望される源泉徴収義務者の皆様のもとを訪ね、社員の皆様が税務署に出向かなくても「ID・パスワード方式の届出完了通知」が受け取れるよう、平成30年9月から12月にかけて、出張窓口を設けます。
 パソコンや通信機器については、税務署職員が持参しますので、源泉徴収義務者の皆様において機器の準備等の必要はございません。

  1. ※ 届出を希望される社員の皆様は、出張窓口を開設する当日、本人確認ができる書類(運転免許証等)をご準備ください。

出張窓口を希望される源泉徴収義務者の皆様は、事前に出張窓口開設日の予約が必要となりますので、管轄税務署の個人課税(担当)部門にお問合せください。

  1. ※ 開設日については、平成30年9月18日(火)から12月14日(金)までの平日に限ります。
     なお、日時・人数によっては、ご希望に添えない場合もございますので、あらかじめご了承ください。
  2. ※ 管轄税務署以外にお住まいの社員の方も、ID・パスワードの取得は可能です。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobeのダウンロードサイトからダウンロードしてください。