【令和3年7月12日以降、函館税務署・江差税務署・八雲税務署・旭川中税務署・深川税務署・名寄税務署につきましては「内部事務のセンター化のご案内」をご覧ください。】

札幌国税局においては、平成27年9月から、小規模な税務署(「対象署」といいます。)の内部事務を近隣のより大きな規模の税務署(「中心署」といいます。)で集中的に処理する「内部事務の集中化」の試行を進めてきましたが、令和元年7月から正式な施策として実施しています。

現在、この取組を実施している署は下表のとおりです。

署 名 開始時期
中心署 対象署
小樽税務署 余市税務署 平成28年9月

【ご留意いただきたい事項】

 ○ 上記の取組は、納税者の皆様の所轄税務署を変更するものではありません。

 ○ 納税証明書の交付や現金領収、面接による相談等の窓口業務は、従来どおり所轄の税務署で行います。

 ○ 「対象署」の納税者の皆様の申告書や申請書・届出書等の書類の提出先については、提出方法に応じて、次のとおりとしてください。

提出方法等提出場所・送付先
窓口で提出する場合 「中心署」 または 所轄の税務署(対象署)
送付する場合「中心署」宛

※ 「中心署」に送付していただく際の宛先等は、次のとおりです。
(「中心署」に配送される「事業所個別郵便番号」のご利用をお願いします。)

提出される方の
所轄税務署(「対象署」)
事業所個別
郵便番号
宛先 住所
余市税務署 047-8588 小樽税務署内
申告書等集中処理担当部署
(余市税務署)
記載
不要

 ○ 電子申告(e-Tax)は、従来どおり所轄の税務署に送信してください。

  ※ 電子申告(e-Tax)の送信に併せて、添付書類等を送付する場合には、上記「送付する場合」のとおり、「中心署」宛に送付してください。

 ○ 上記の取組の実施にあわせて、令和元年7月以降に「中心署」で収受する書類の控えには、「札幌国税局管内税務署集中処理担当」と表示した収受日付印を押なつしています。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobeのダウンロードサイトからダウンロードしてください。