令和2年7月豪雨により被害を受けられた皆様に、心からお見舞い申し上げます。

1 雑損控除計算書作成会等の開催について

この度の災害により、住宅や家財などに損害を受けられた方は、雑損控除をはじめとした所得税(住民税)等の軽減又は免除を受けることができる場合があります。

このため、令和2年分の所得税等の確定申告期(令和3年2月から3月)においては、申告相談会場に多くの相談者が来場され、混雑が予想されることから、被災地を管轄する税務署では、被災者の皆様が令和2年分の確定申告をスムーズにお済ませいただけるよう、市町村との共催により、令和2年11月から令和3年2月にかけて雑損控除説明会等を開催いたします。

申告が必要と見込まれる方には、雑損控除説明会等へのご案内の文書を順次送付しておりますので、ぜひ、ご出席ください。

ご案内の文書等が送付されない場合も、相談等を希望される方は最寄りの税務署にお問い合わせください。

なお、新型コロナウイルス感染症の感染防止のため、説明会等会場へご来場の際は、マスクを着用いただくとともに、可能な限り少人数でお越しいただくようお願いします。

また、入場時は検温を実施します。37.5℃以上の発熱が認められる場合は、入場をご遠慮いただき、後日の来場をお願いすることがあります。

雑損控除説明会等開催税務署は、八代人吉玉名天草宇土阿蘇大分及び日田税務署です。

開催日・会場等については、こちらをご確認ください。

2 事前予約制による個別相談

上記の雑損控除説明会等実施税務署以外においても、事前予約制による個別相談により所得税等の軽減措置等の適用に関するご相談を受けることとしています。詳しくは最寄りの税務署にお問い合わせください。