広島国税局では、平成30年9月3日から内部事務の効率化を目的として、納税者の皆様へのお尋ね文書の発送や電話による書類の提出要請など、納税者や税理士の皆様との対面を伴わないような事務の一部について、「業務処理センター」を設置して集約処理しているところですが、令和元年10月1日(火)以降、広島南署、広島西署及び吉田署で行っている内部事務についても、集約処理の対象とし、「業務処理センター」において実施します。
項目 内容等
名称等
1 名称
広島国税局管内広島業務処理センター
(略称:広島業務処理センター)
2 所在地
広島県広島市西区観音新町1丁目17番3号
広島西税務署内
事務の内容 ・ お尋ね文書の発送
・ 電話照会(書類の提出要請等)
・申告書等の入力
        等
電話番号 ・ 固定電話をご利用の場合
  0570−085901(ナビダイヤル:市内通話料金)
・ 携帯電話・PHS・IP電話をご利用の場合
  082−225−6010(通常通話料金)
・082−578−5423(個人課税・資産課税担当)
・082−578−5424(法人課税担当)
・082−578−5425(債権管理担当)
対象署 広島県下16署
(広島東署、広島南署、広島西署、広島北署、呉署、
竹原署、三原署、尾道署、福山署、府中署、三次署、
庄原署、西条署、廿日市署、海田署、吉田署)
広島南署、広島西署、吉田署

【留意していただきたい事項】
・ お尋ね文書に対するご質問は、文書又は封筒に記載された電話番号へお問合せください。
・ 広島業務処理センターでは、面接による相談はお受けしておりません。回答に当たり面接を希望される場合は、事前に所轄の税務署において相談日時等を予約いただくこととなります。
・「業務処理センター」の設置は、行政サービスの水準を維持しながら内部事務を効率的に処理するためのものであり、納税者の皆様の所轄の税務署を変更するものではありません。
  したがって、「業務処理センター」設置後も次の点については従来どおりとなります。

  1. 1  窓口事務
     納税証明書の交付や現金領収等は、従来どおり所轄の税務署で行います。
  2. 2  書類の提出先
     申告書や申請書・届出書の提出先は、従来どおり所轄の税務署となります。
    ※ 広島南税務署、広島西税務署及び吉田税務署管内の納税者の皆様については、「広島業務処理センター」へ提出をお願いすることがあります。
     また、広島南税務署及び吉田税務署管内の納税者の皆様が提出された書類の閲覧を行う場合には、お時間をいただくこともございますので、あらかじめご了承ください。
    ※ 広島業務処理センターから送付するお尋ね文書に対する回答は、「広島業務処理センター」へ提出をお願いすることがあります。
  • ※ 税務職員を装った不審な電話・「振り込め詐欺」にご注意ください。
     広島業務処理センターでは、還付金の受取のために金融機関等の現金自動預払機(ATM)の操作を求めることや、納税のために金融機関の口座を指定して振込みを求めることはありません。
     不審な電話や文書が届いた場合には、所轄の税務署までお問合せください。