[平成31年4月1日現在法令等]

記念式典に要した交際費等の金額

Q1

当社は、創立10周年式典を行うに当たって、得意先を招待しました。式典にかかった宴会費(1人当たり5,000円を超えるものです。)、交通費及び記念品代の費用の総額は1,000万円ですが、得意先から祝儀として100万円いただきました。
 この場合、交際費等の額は、祝儀を控除した900万円でよいでしょうか。

A1

式典費用の支出(開催者の交際費等)と祝儀の受領(参加者の交際費等)は別の行為と考えられますので式典費用の総額から祝儀を控除することはできません。したがって、1,000万円が交際費等の額となります。なお、祝儀の100万円は、雑収入として計上します。

(措法61の4、措令37の5、措通61の4(1)−15(1))

参考: 関連コード

5265 交際費等の範囲と損金不算入額の計算

  •  国税に関するご相談は、国税局電話相談センター等で行っていますので、税についての相談窓口をご覧になって、電話相談をご利用ください。