令和元年11月
高松国税局

国税庁では、租税教育を充実させるための施策の一環として、毎年、全国の高校生から「税に関する高校生の作文」を募集している。
 本年度、高松国税局管内では、78校から9,112編の応募があった(全国では、1,818校から214,421編の応募)。
 審査の結果、高松国税局管内では、国税庁長官賞が1編(全国では12編)、高松国税局長賞が5編、税務署長賞が44編選ばれた。
 入賞者は次のとおりである。

国税庁長官賞(作品はこちら)

税務署 氏名 学校名 学年 題名
高松 さかい なつみ
酒井 菜摘
香川県立高松高等学校 1 税は思いやり

高松国税局長賞

税務署 氏名 学校名 学年 題名
観音寺 あんどう みふう
安藤 美楓
香川県立高瀬高等学校 1 税と隣合う命
松山 よしだ ゆいな
吉田 結菜 
愛媛県立松山商業高等学校 2 税について考えたこと
今治 さだみつ ゆうな
貞光 優菜
愛媛県立今治西高等学校 1 税金は幸せのネットワーク
宇和島 あかまつ     
赤松 ひかる
愛媛県立宇和島東高等学校 2 税金の重み
伊予西条 つぼうち ななみ
坪内 七海
愛媛県立西条高等学校 1 税の意義を見つける