○ 給与所得者が家屋を賃貸した場合に作成する受取書

訂正箇所
A2  給与所得者が家屋の賃貸を目的として、その家屋を賃貸することは、その収入等の規模にかかわらず、「営業」に該当するものであり、その者は給与所得者であるとともに一方において営業者(賃貸業者)に該当します。したがって、家賃、権利金、敷金等を受領した際に作成する受取書は、営業に関する受取書に該当することになります。  給与所得者が家屋の賃貸を目的として、その家屋を賃貸することは、その収入等の規模にかかわらず、「営業」に該当するものであり、その者は給与所得者であるとともに一方において営業者(賃貸業者)に該当します。したがって、家賃、権利金、敷金等を受領した際に作成する受取書は、営業に関する受取書に該当することになります。
 しかしながら、従業員は給与所得者であり、印紙税法上の「営業者」には当たりませんので、従業員の作成する受取書は、営業に関しないものとして非課税になります。 (削除)
 

(注)下線部は、訂正箇所を示します。